自然

2017年12月 7日 (木)

月の話題

1205_2moon 2017.12.5
朝6時10分頃の月です。西の空(画面では右下方向)に、これから沈んでいく月。この日正午の月齢は16.6。
少し右側が欠け始めていますかね。だんだん欠けて11日には下弦になります。
でまあ、一番大きな満月からほんのちょっと過ぎただけですから、大きさにそう目立った変化はないはず。
1205_17tuki1
夕方のN天。18時49分、羽田空港の月です。
1205_17tuki2
月だけアップ。この日は18時20分が月の出でしたので、今のぼってきたばかりの月ですね。
右上が少し欠け始めています。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-f2f1.html
2017年12月 4日 (月) 大きな満月
↑さて、ここでは月の視直径が大きな満月の話だったのですが、それとは別に「月の錯視」ってご存知ですか?
中天高く登った満月より、地平線近くの満月の方が大きく見える、という錯視効果が知られています。

下の国立天文台のHPの解説では
「原因については古くからさまざまな説が唱えられていますが、それぞれ欠点があり決定打はないようです。 」
とのこと。↓
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B7EEA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FC3CFCABFC0FEB6E1A4AFA4CEB7EEA4CFC2E7A4ADA4A4A1A9.html
暦Wiki

地平線近くの月は大きい?
「月の錯視と呼ばれる錯覚によって大きく感じている」

私はその原因について、二つの説を聞き知っていますが、どれが正しいというものではありません。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/seeing8/seeing10.html
ロックとカウフマンの'flattened sky' 説
ポンゾ錯視

↑この二つですが。錯視というのは、私たちが外界をどのように認知するかについての手がかりを与えてくれるものです。
さて、月の見え方は私たちの認知について何を語っているのでしょうか。

↓ポンゾ錯視についてのWikiです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%BE%E9%8C%AF%E8%A6%96

2017年12月 4日 (月)

大きな満月

今日、12月4日の月は、正午の月齢が15.6で「望」です。
しかも、理科年表によりますと「P」という記号が添えられています。
「P」という気号の意味は「最近」だそうです。月が地球に「最も近い」という意味です。
4日の18時で「距離 0.930」と書いてあります。
Pがどういう単語の頭文字かということについては、後のWikiの引用をご覧ください。

天文学で「満月」「望」というのは「太陽と月との黄経の差が180度の位置にあたる時」なんですね{広辞苑第六版より引用}。ある時刻なのです。
今朝、12月4日の午前0時47分がその「満月」でした。

朝日新聞デジタルに記事があります↓
http://www.asahi.com/articles/ASKD361K7KD3ULBJ006.html

ここでは「3日午後5時42分」撮影の写真が見られます。まだ「満月の瞬間」の前ですけどね。{月の出は16:26でした(東京)}
満月の瞬間を含む日の月がいわゆる望月ですので、今晩、17:20(東京)の月の出から見られる月も、普通の意味で「満月」といっていいでしょう。満月の瞬間を過ぎてはいますが、その大きさの変化が私たちの目にはっきり見えるわけはない。
晴れていたらぜひ大きな満月をご覧ください。寒さ対策をしてくださいね。

月の軌道長半径 = 38,4399km ≒ 38,4000km
として、その0.930倍は
38,4000km × 0.930 = 35,7000km
この程度の距離に来るのだと思います。

↓東京天文台です。とてもよい図がありますので是非ご覧ください。
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/12-topics01.html
今年最大の満月(2017年12月)

様々な月を楽しもう
 12月4日の満月は、今年地球に最も近い満月(注1)です。
月は、12月4日に日付が変わったばかりの0時47分に満月となり、その後17時46分に近地点(注2)を通過します。満月のときの地心距離(注3)は約35万8千キロメートル、視直径(注4)は33分22秒角です。なお、翌月の2018年1月2日には、12月4日よりも月がさらに地球に近い距離で満月となります。このときの地心距離は35万7千キロメートル、視直径は33分30秒角です。
 月が地球に近いということは、それだけ大きく見えるということです。上の図は、今年最も近い12月4日の満月と、最も遠い6月9日の満月で、月の視直径を比べたイメージ図です。
このように、近い満月と遠い満月を並べて比べると、大きさの違いははっきりとわかります。しかし、実際の空では月はひとつしか見えず、大きさを比べることはできません。比べるものなしに大きさを測ることは簡単ではありませんので、眺めるだけで月の大きさの変化に気づくのは、たいへん難しいでしょう。

月の軌道は円形ではなく楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、近地点や遠地点での月の地心距離は、上の図のように毎回異なります。満月における地心距離は、およそ35万6千キロメートルから40万6千キロメートルの間で変化します。そして、月の視直径は、地球と月との距離が近いときには大きく、遠いときには小さくなります。最も近い満月は最も遠い満月に比べて、14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えます。

注1 満月:天文学上の「満月」は、地球の中心から見て、ちょうど太陽とは反対の方向に来た瞬間の月のことをいいます。

1.14^2 = 1.30
長さスケールが1.14倍になると、面積が1.3倍になるというのはこういうことです。
面積が1.3倍になれば、明るさも1.3倍くらいになるでしょうね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E7%82%B9%E3%83%BB%E9%81%A0%E7%82%B9
近点・遠点

近点・遠点(きんてん・えんてん、periapsis and apoapsis) とは、軌道運動する天体が、中心天体の重力中心に最も近づく位置と、最も遠ざかる位置のことである。両者を総称して軌道極点またはアプシス(apsis) と言う。

特に、中心天体が太陽のときは近日点・遠日点(きんじつてん・えんじつてん、perihelion and aphelion <helion=ギリシャ語で太陽を意味する"helios"に由来>)、主星が地球のときは近地点・遠地点(きんちてん・えんちてん、perigee and apogee <gee=ギリシャ語で地球を意味する"ge"に由来>)、連星系では近星点・遠星点(きんせいてん・えんせいてん、periastron and apastron)と言う。地球を周回する人工衛星については英単語のままペリジー・アポジーとも言う。主星が惑星の場合、例えば木星の衛星や木星を周回する探査機(ジュノーなど)の軌道の木星に対する近点・遠点は近木点・遠木点(きんもくてん・えんもくてん、perijove and apojove)、土星ならば近土点・遠土点(きんどてん・えんどてん、perichron and apochron)と表現することもある。

peri-
►pref 「近い」「まわり[周囲]の」
[Gk peri around, about]

apo-
►pref 「…から離れて」「分離した」「〔化〕 …から生成した,…と関係する」
[Gk=from, away, un-, quite]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

これが理科年表で見た「P」と「A」の意味です。

上でリンクした朝日新聞デジタル記事の写真に、今年最小の月と最大の月を半分ずつくっつけた写真があります。これをPC画面にちょうど収まるサイズで表示し、物差しで測ってみました。{誤差は大きいですよ、多分}
大:130mm
小:115mm
大/小=1.13
くらいでした。ま、天文台の写真じゃないんですから、「よくあっている」といえますね。

↓これもわかりやすい解説です、どうぞ。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B7EEA4CECBFEA4C1B7E7A4B12FC2E7A4ADA4CACBFEB7EEA1A2BEAEA4B5A4CACBFEB7EE.html
暦Wiki
大きな満月、小さな満月

消滅飛行機雲

1125_13shometuhikoukigumo1 2017.11.25
消滅飛行機雲を見たのではないかと思っています。
午後4時半頃です。雨戸を閉めようと空を見たらこうなっていました。
カメラの画面の長い方向にそれを写したくて斜めに撮り、それを少し回転させて掲載します。
電柱のあたりから斜め上に「筋」が写っています。その筋の部分は雲が切れていたり、薄~い雲に濃い青の筋になっていたり。飛行機は左斜め上から地平線方向へ飛んだものです。
1125_13shometuhikoukigumo0
トリミングしてみました。薄い雲の中を飛行機が飛んで、その航跡部分の雲が消滅した跡だと思います。
私はこの現象は聞き知ってはいましたが見るのは初めて。で、大声で妻を呼んで二人で観賞。
1125_13shometuhikoukigumo2
これが妻の撮った写真。ほんのわずかの時間しか経過していませんが、もう姿が変わってきていた。
ホントだ、雲が抜けちゃうんだ、とびっくりしていました。
原因は確定できませんが、雲を形成する微細な水滴・氷粒が飛行機の通過によって、成長して落ちるとか、蒸発するとか・・・。なかなか珍しい現象のようです。

1127_7nten 11.27
こちらはまた、森田さんのN天。森田さんの説明では、通常の飛行機雲が横からの気流で幅広くなっていく途中であろう、ということでした。初めくっきりと細かった飛行機雲が時間と共に太くなってぼんやりしてくるのは普通ですが、このように幅広く流れるというのも面白いですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F%E9%9B%B2

消滅飛行機雲
空中に雲を描く飛行機雲とは逆に、雲が薄く広がる中を飛行機が通ると、雲が筋状になくなっていく。これは消滅飛行機雲(しょうめつひこうきぐも)または反対飛行機雲(はんたいひこうきぐも)と呼ばれる。発生原因は、飛行機の排出ガスの熱により大気中の水分が蒸発すること、乱気流により周囲の乾いた大気と混ざること、エンジン排気の粒子により水分が凍結し落下することの3つが挙げられる。

http://tenkijuku.com/qa_kousekiunn.html

2017年11月29日 (水)

日没が一年で一番早い時期

Hinodeiri
上の表を拡大してください。
今日から日没が一年で一番早い時期に入ります。
11/29~12/12 が夕方16:28に陽が沈みます。すぐ暗くなってしまう。
日の出が一番遅い時期は1月です。
1/1~1/13 は朝06:51が日の出です。
昼が一番短い、夜が一番長い、という冬至は12月22日です。
ちょっとイメージが狂うかもしれませんね。
でもまあ、そういうことなんです。


夕暮れ

1124_22yuuyake1 2017.11.24
16:26、もう雨戸を閉めてしまおう、と外を見たら、ものすごい空。
雲の下面が真っ赤。
1124_22yuuyake2
なんかちょっとものすごい。譬えは悪いけど、火事のようだ。
1124_22yuuyake3
この日の東京の日没は、16:30 でした。
陽が沈む直前だったのですね。雲のない空ではあまり赤くは見えない。ちょうどよい具合に、雲が浮いていて赤い光を散乱してくれました。
1124_23ntenyuuyake
この日のN天。皇居前、午後5時ごろ、の映像だそうです。
日没後の夕焼け。地平線の下から照らす光です。
実際、なかなかそう見られる眺めではありませんでした。
「マジック・アワー」という言葉があるそうです。森田さんに教わりました。
検索してみたら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC_(%E5%86%99%E7%9C%9F)

マジックアワー (magic hour) 、マジックタイムは、日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を指す撮影用語で、光源となる太陽が姿を消しているため限りなく影の無い状態が作り出される状態となり、色相がソフトで暖かく、金色に輝いて見える状態である。

なるほど、一種の間接照明になるのですね。で、光線の鋭さが消え、色が刻一刻と変化していく。
私もびっくりして、2,3枚撮影してから階下の妻を大声で呼んだのですが、妻が上がってきたとき、まだ5分経っていなかったはずですが、もうこの「真っ赤」は消えていたんですね。本当に一期一会の光、なのでした。

1124_24ntentuki1
続いて、N天の月の映像。
午後6時51分、隅田川のカメラからのライブ映像。
この日の正午の月齢は5.6。三日月より少し太い。
月の入りは、21:13でしたので、これから2時間ちょっとかけて地平線へ向かっていくところです。
「つきぼしマーク」みたいですね。
1124_24ntentuki2
月面がここまで映っていました。

この時間の森田さんのN天には、時々面白い画像が出るので、手元にカメラを置いて聞いています。
ゆとりがあって、聴き取りやすいですね。情報過多で、まくしたてるような気象情報では、はぁ、結局何を聞いたんだろう、となってしまいます。情報過多はかえってマイナスなんですよね。

★脱線
化学 Vol.72 No.19(2017) p.29 から引用
日本の大学と研究資金 田中一義

・・・
表層的に見れば、学術誌への発表以外も含めた研究のパブリッシュに対しても「立て板にアピエゾン」か、「立て板にアセトン」かの、どちらかの態度をとるかという岐路なのかもしれません。ちなみにアピエゾンというのは、(ややマニアックですが)イギリス製の優秀な真空ライン向けグリースで非常に粘度が高く、およそ「流れる」ものではありません。
・・・

アピエゾンの方はまあそれとして。私は「立て板にアセトン」に笑った。アセトンはさらさらした液体でしてね。立て板に水よりもっと流れやすいでしょうね。
ものすごい速さでまくしたてられて、話が終わってみたら、結局、何をきいたのかわからない、ということになるでしょう。

NHKの気象情報を聞いていると疲れます。
情報量が多ければよいというものじゃないでしょうに。重複した情報や、利用頻度の低い情報も多いし、無用の絵を使ったり、ひたすら時間いっぱいしゃべり続ける。やりすぎ。利用価値がかえって下がりますよ。
画面の色使いも下手ですね。色覚のバリエーションを考えてないんじゃない?それと老人の色識別能力の低下も考慮外、みたいだな。
「横板に雨垂」とか「立て板にアピエゾン」とかは言いませんが、ゆっくりポイントをうまくかいつまんで話してくれればいいのにね。
言葉を職業とする方々は、もっと言葉に対する意識を高めましょうよ。
教員という、元「言葉職業人」だった者からの苦言です。{年老いてどんどん嫌味が多くなってきた。}

2017年11月24日 (金)

1107_2tuki0610 2017.11.7
朝06:10です。西の空。
この日正午の月齢は18.3、月の入りは09:03でした。
朝夕が暗くなって、夏場よりも月に目がいきますね。
これから11日の下弦へと向かう月です。

2017年11月20日 (月)

気になることが・・・「地磁気逆転」

「チバニアン」が有力になったという報道の中で
素粒子(朝日新聞デジタル 2017年11月14日16時30分)

・・・
 ヒトの世の争いなどいかほどのものか。地球が逆さになることもある。地磁気逆転の痕跡でチバニアンが有力に。

まさか本当に「地球が逆さに」なったなんて思ってないでしょうね。気になってしまった。
地球内部の「融けた金属」の流れが作り出す「地球磁場が過去に繰り返し反転した」というのが事実です。
融けた金属が流れたからと言って、それだけで電流が生まれるわけではない。電荷の分離がなければ電流にはなりませんのでね。地磁気発生のメカニズムは完全にはわかっていません。
気になったので、コメントしておきます。

↓参考{最後の名古屋大学のpdfが詳しいですよ}
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%A3%81%E6%B0%97%E9%80%86%E8%BB%A2
http://www.kakioka-jma.go.jp/knowledge/qanda.html
http://www.kakioka-jma.go.jp/knowledge/mg_bg.html
http://www.isee.nagoya-u.ac.jp/pub/naze/chijiki.pdf

空の皺

1103_2kumo 2017.11.3
雲の名前がわかりません。
こんなに細かく皺が寄ったような雲、なんという名前なのか。
画面、上の方のモコモコした感じの雲は低い雲で、皺々の方はもっと高いところの雲だ、というところまではわかりますが。
こんなにちりちりと皺みたいな雲はあまり見たことがないなぁ。{あまり空を見上げる方じゃないから、見逃しているだけなのでしょうけれど。}

夕暮れ時

1102_16y1 2017.11.2 16:27
これは2階の雨戸を閉めようとした私が撮影。
黒っぽいのは低い雲。その向こうに白く輝くのは高い雲。
ここからの夕焼けは見事というほどではありませんでしたが。
買い物から帰ろうとしていた妻は、この頃に美富士橋のあたりにいた。
美富士橋は新幹線、横須賀線、貨物船などの線路をまたぐ跨線橋。
1102_16y2 16:12
うまくすれば富士山が見える場所ですし、撮り鉄さんの名所でもあります。
写真下に横須賀線の電車。
1102_16y3 16:28
新幹線ですね。妻も撮り鉄の資格あり。空がずいぶん赤くなってきました。
1102_16y4 16:28
夕陽そのものは建物の陰になっているのが、効果的。雲の赤さが際立ちます。
1102_16y5 16:33
なかなかの絶景ですね。雲の上縁部が光っていたり。
異なる場所で夫婦二人が同じ空を見ていました。

太陽の周辺に何か面白い天然現象、虹のようにみえるものなど、が現れた場合、太陽ごと撮影すると、明るすぎて周辺の現象がうまく写らないことがあります。そんなときは、電柱とか木とか建物で太陽そのものは遮って撮影するとうまくいく事があります。

2017年11月17日 (金)

うろこ雲

1101_1urokogumo1 2017.11.1
水曜日。泳ぎに行く日。ガス橋の上でちょっと渋滞、12時半ころ。
空がすごいことになっていまして、コンデジを出して、運転席の窓からレンズを上向きにしてつき出してシャッターを押したら写ってた。
1101_1urokogumo2
うろこ雲でいいんですよね、この雲の名前。
1101_2urokogumo
高層の雲です。巻積雲というのかなぁ。これが温暖前線の前線面の上の方だとしたら、その後、雲の高さが低くなってくるということですが。まあ、この日は下り坂というほどのことはありませんでした。
1101_3urokogumo1508
午後3時頃。
巻層雲というのか、筋雲というのか、少し低めの雲になっていました。

雲には詳しくない。
↓参考にどうぞ
https://weathernews.jp/s/topics/201709/270085/

うろこ雲(巻積雲)・ひつじ雲(高積雲)は、上空の高いところに発生します。
このあと、雲のすき間がなくなって、空の低いところも雲に覆われてくると、そろそろ雨が降ってくるサインになります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ