人事

2017年12月12日 (火)

今日は「バッテリーの日」です

それだけのこと。引用だけです。

http://www.baj.or.jp/qa/baj/05.html
電池工業会

Q4. 「電池の日」って、いつですか?
11月11日が「電池の日」です。
11月11日を漢字で書くと、+(プラス)-(マイナス) +(プラス)-(マイナス)となり、電池の正・負極を表すことから11月11日を「電池の日」に制定 しました。

Q5. 「バッテリーの日」って、いつですか?
12月12日が「バッテリーの日」です。
野球のバッテリではピッチャーのポジション番号が「1」、キャッチャーの番号が「2」で、1と2が組み合わせられることから12月12日を「バッテリーの日」に制定 しました。

バッテリーと電池の違いは?

battery
1〔電〕 バッテリー,電池 (dry battery, accumulator)(cf. CELL)

cell
4〔電〕 電池《cell が集まって battery となる》
リーダーズ英和辞典第3版より引用

だそうです。

たなくじ

NHKのEテレ。最近、朝06:45から10分の「えいごであそぼ with Orton」という番組にはまって、夫婦二人で英語の発音の勉強をしています。そのあと、06:55から「Eテレ0655」という5分間の不思議な番組がありまして。これがまた妙に面白い。月曜日の番組では終了直前に「たなくじ」というのがあるんです。

http://www.nhk.or.jp/e0655/ からの引用です。

爆笑問題 田中さんによる、月曜日限定・画期的なコーナー!
田中さんが持った「くじ」の中身が高速で変化するので、携帯電話で【ここぞ】というタイミングでテレビ画面を撮影してください。すると、その瞬間に表示されていた「たなくじ」が手に入ります!

で、その携帯に入った画像を一週間、お守りにしてください、というのです。
携帯よりコンデジの方が撮りやすいので、コンデジで撮ってみました。
1127_1tanakuji1 2017.11.27
こうきて。
1127_1tanakuji2
こうなって。
1127_1tanakuji3
この日、私に当たったのはコレ。

面白いアイデアですね。笑いながら楽しんでいます。

この一週間後
1204_1tanakuji 12.4
吉凶なしで「ご託宣」が下りましたよ。
損得抜きに行動せよ
ははぁ~、有難いお言葉で。
撮影者の性格がこのお言葉を引き寄せたような感じもしますね。

損なというか不器用な生き方をしてきた。
今でも、ポイントで客を囲い込もうという商売が嫌いで、一切のポイントカードを拒否している。損得で人を釣るという商売は真っ当じゃない、はしたない、などとふてくされている。
教師を評価しうるのは生徒のみ、と職員会議で啖呵を切って、取ってつけたような論文提出を拒否して、退職金を多少損した。
教師になった最初の5月、配属になった学年に私と同様のポリオ後遺症で下肢に障害のある生徒がいました。そこへ、本来養護学級へいくべき障害のある生徒が普通学級にいるというケースはないか、というような教育委員会からの調査が来て、私に書けと教頭が書類を持ってきた。この生徒は本来この学級にいるのが当たり前なのだ、と教頭に噛みついて、1時間押し問答し、休み時間になって職員室に戻ってきた先輩教員の方々も、そうだそうだと支えてくれて、その書類には「該当者なし」で提出させたのでしたっけ。思えば、教員生活もはなから管理職とのケンカで始まったんでしたっけね。
ま、そんな頑固ジジィなんです、ワタシ。

「たなくじ」にチャレンジしてみますか?

2017年12月 8日 (金)

ヤン インゲンホウス

今日のグーグルのロゴ
1208google
ヤン インゲンホウスってご存知ですか?
高校で生物を履修した方は、光合成の研究の歴史で習ったかもしれません。
今ここでは蒸し返しません、検索してください。

グーグルは何かの記念日に面白いロゴを使うのですが、そこに「理数系的センス」を私は感じるんですね。あまりポピュラーでない人物も発掘してくる。
で、まあ、グーグルという企業がどうこうというのではなく、ページの向こう側に透けて見える人の技術者的センスというようなものが好ましくて、いつもグーグルで検索しています。

ま、個人的なお話でした。

黄色い電車とカエデ

1125_12densha 2017.11.25
この時は黄色い電車が来るということを知っていたので、何か面白いアングルはないか、と欲をかきました。カエデの紅葉と重ねてみようか、と狙ったのですが。
冴えない結果となりました。写真撮影は甘くはない。スミマセン。

2017年12月 7日 (木)

黄色い電車

1125_1densha 2017.11.25
珍しく夫婦二人で蒲田へ。私は本屋へ、妻はスーパーへ。
入ってきた電車が黄色い電車。「しあわせがやってきた」。すれ違った向こうの電車に黄色い反射光が映っています。これに乗って蒲田へ。
1125_2densha1
蒲田で。降りる人がみんな行ってしまってから、二人で「撮り鉄」ごっこ。
70にもなろうという老夫婦が、何やってんだろうねぇ、と二人して笑いながら撮影。
画面右に移っているのが妻の右手。カメラのモニターに小さく電車が写っています。
1125_2densha2
そのモニターに写っていた画像がこれです。
時々ね、男の子とお父さんが嬉しそうに電車の写真を撮ったり、電車と子どもを一緒に写して記念撮影したり。というのは見かけるけど。
私共のような高齢者が騒いでいるのは珍しいかなとも思います。

2017年12月 6日 (水)

アヤパン

1122_3panya 2017.11.22
手作りパンやさん「アヤパン」の店先。繁盛しているようです。
妻が買い物帰りに撮影。この店の前をよく通りますので、キリンなどの動物のぬいぐるみは知っていたのですが通過するだけで、詳しく見たことはなかった。
恐竜やおもちゃのピアノとか、いろいろ並んでい、と撮ってきてくれました。小さな人が喜びそうですね。

先日、電車で蒲田へ行ったときに、駅のホームで、パンフレットを見つけてもらってきました。
「手しごとめぐり」東急多摩川線(2017.11.22 発行)
というパンフ。
沼部駅のところに「アヤパン」が紹介されていました。
沼部駅から、桜坂を登り切って、左へ曲がって中原街道方向へ。すぐ見つかります。
行きは上り坂ですが、帰りは下り、スイスイ、ですよ。

手作りパンはおいしい。沼部駅のすぐそばにも一時小さな手作りパン屋さんができて、行列ができるほどだったのですが、事情があったようで閉店。残念なことでした。
アヤパンさんが長く地元に潤いをもたらしてくれますように。

↓アヤパンさんのHPです。
http://www.ayapan-denenchofu.com/
アヤパン

2017年11月30日 (木)

青花ウェディングドレス

↓こんな記事がありました。

青花ウェディングドレス、地元高校の技術で 滋賀(朝日新聞デジタル 2017年11月27日10時02分)
 滋賀県草津市のクサツエストピアホテルが26日、市の花のアオバナ(青花)で染めたベルトや髪飾りなどをあしらったウェディングドレスを発表した。
 アオバナの花びらは、水で簡単に色が落とせるため、友禅染の下絵などに用いられる。地元の農業高校が開発した技術を使い、色を定着させて仕上げた。
 江戸時代には浮世絵にも描かれたアオバナだが、化学染料の普及などで育てる農家は減った。ホテルの担当者は「花嫁の幸せもアオバナも永遠に……」。

で、自分のブログ記事を思い出しました↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-3afd.html
2017年10月23日 (月) ツユクサ
↑ここで、草津市の青花のことを書きました。
そうか、発展があったんだ。
「農業高校が開発した技術」というのがどういうものか、よくわかりません。
水に溶けやすい色素を不溶性にして繊維に定着させるとしたら。

媒染剤=金属塩との反応で不溶性にする。
酸性・アルカリ性のコントロールで色素分子の構造を変える。(色も変わってしまうかもしれない)。
酸化・還元によって分子を変化させる。藍染の「建て染め」は酸化還元反応ですね。

どんな方法を開発したのか、知りたいものです。

2017年11月27日 (月)

密蔵院

1107_20mituzouin 2017.11.7
密蔵院の住職さんは代替わりしてから、地域に開かれたお寺を目指していらっしゃるようで、ずいぶん雰囲気が変わりました。上の写真は妻が撮影してきたものですが、こういう像があったとは知りませんでした。公開なさったようです。
いろんな工夫をなさっていて、それはそれで好もしいことだと思っていますが、一方で、境内の手入れが進んでしまって、生態系が単純化してきたようです。きれいに整えられた植栽になって、虫がいるような雑多さが薄らいだ。
私のようなタイプの人間にはちょっと気にかかります。
地域のお寺や神社にはちょっとした林や繁みがあって、雑木林生態系のようなものがある、というほうがいいと思うんだけどなぁ。

2017年11月24日 (金)

TALE & TAIL

昨日、11月23日の朝、お休みの日でしたが普通に5時半前にラジオがかかるようにセットしてありました。NHKです。音楽がかかった。

野宮真貴、高野寛さんの歌かな「Winter's Tale ~冬物語~」

1992年ですか。このころの歌を私はほとんど知らない。
で、「テイル」という言葉、「tale」と「tail」は発音が違うんだろうか?英語で発音されて聞き分けられるんだろうか、などと思いながら着替えて階下へ。
しばらくして降りてきた妻に、そのことを訊くと「え、あの歌『冬の尻尾』じゃなかったの?」と。
二人で大笑い。

実はですね、最近{衆院選以来}みんなの体操のあと、そのままEテレを見ているんです。
6:45からの10分は「えいごであそぼ with Orton」という番組でして。

6歳くらいまでの子どもたちは、英語と日本語をあまり区別せず素直に聞き取ることができます。まだ“聞く力”が柔軟なうちに、ネイティブの英語音を聞いて反復してみてください。発語する力がつくだけでなく、語彙力アップにもつながります。保護者の方々といっしょに反復すると、さらに力がつくでしょう。ぜひご家族のみなさんもいっしょに、楽しく英語音に挑戦してみてください!

こういうコンセプトで、厚切りジェイソンさんと、3人の子どもたちが出演。
でこれが実に面白い。
69歳の夫婦が英語の発音に驚嘆しているのです。知らないことばかりでして。
馬を「horse」といいますが、これ「ホース」じゃないんですね。「ホーrs」なんですよ。「r」の発音がちゃんと入ってるんだ。これには痺れましたね。びっくりしてしまって、それ以来テレビの前で老夫婦二人して英語の発音練習をしています。

★さて、そんなこんなで、英語の発音になんとなく敏感になっています。その気分の中での「Winter's Tale 」で。「tale」と「tail」と、どう違うんだ?と気になってしまったのでした。
基本的には同音異義であるらしい。でも、意識的に発音し分けることもできないわけではないらしい。{表記なんかできません}

私の貧弱な語感では
「冬の物語」は「A tale of winter」「A tale of the winter」じゃないのかという感じがする。
「Winter's tale」はどうも「冬の尻尾」に聞こえるんだなぁ。「Cat's tail」みたいな具合に。
英語に堪能な方のご指導を賜りたいと思います。

「of」には下のような用法がありますので。

[of+名詞の形で形容詞句をなして] …の
・a depth of fifty feet 50 フィートの深み
・a man of ability 有能の士 (an able man)
・a tale of fear こわい話
・be of (great) use (大いに)役立つ
リーダーズ英和辞典第3版より引用

2017年11月22日 (水)

黄色い電車

1105_5densha 2017.11.5
結構見かけます。
「幸せの黄色いリボン」とか「ハンカチ」とか、ありますので。
ふと、また、馬鹿なことを。

1119_3densha1 11.19
幸せがやってくる
1119_3densha2
幸せが去っていく

妻と二人で「幸せが行っちゃったわねぇ」などと笑い合っております。
幸せの神と出くわしたら、出会いがしらに前髪をつかまなければなりません。なぜって
幸せの神は後頭部に髪がないから。
seize the fortune by the forelock.
幸せの電車じゃ、とっ捕まえようにも無理だけど。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%B9

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ