人事

2022年9月 9日 (金)

今日は「重陽の節句」です

↓まず解説から。
https://www.hibiyakadan.com/lifestyle/z_0064/
9月9日は重陽の節句!菊酒や栗ごはんなど菊の節句の行事食と由来

「重陽の節句」は平安時代の初めに中国より伝わりました。古来中国では、奇数は縁起が良い「陽数」、偶数は縁起の悪い「陰数」と考えられ、陽数の最大値である「9」が重なる9月9日を「重陽」と呼び、節句の1つとしました。旧暦の9月9日は、現在の10月中旬ごろにあたり、まさに菊が美しく咲く時期です。菊は「仙境に咲く霊薬」として、邪気を払い長寿の効能があると信じられていました。菊を行事に用いたため、重陽の節句は別名「菊の節句」とも呼ばれています。重陽の節句では、菊の香りを移した「菊酒」を飲んで邪気を払い無病息災や長寿を願います。

日本では、平安時代の初めに宮中行事の1つとなり、菊を眺める宴「観菊の宴」が開催されたり菊を用いた厄払いなどが行われたりしました。また、時代とともに菊の風習は庶民の間でも広がり、江戸時代には五節句の1つとして親しまれる行事になっています。

というわけです。ま、菊の花を愛でてください。とはいっても、旧暦での話です。
今年(2022年)の場合だと10/4が旧暦の9/9だそうです。
まだなぁ、暑い、今年は特に暑い気もします。こういう場合は旧暦でやってください。どうぞ。

★雑談
「六日の菖蒲 十日の菊」という言葉知ってますか?

https://kotobank.jp/word/%E5%85%AD%E6%97%A5%E3%81%AE%E8%8F%96%E8%92%B2%E5%8D%81%E6%97%A5%E3%81%AE%E8%8F%8A-2086017

六日の菖蒲十日の菊(読み)むいかのあやめとおかのきく

ことわざを知る辞典「六日の菖蒲十日の菊」の解説
六日の菖蒲十日の菊
端午の節供(五月五日)の翌日の菖蒲と重陽の節供(九月九日)の翌日の菊。時機に遅れてしまい、いまさら役に立たないことのたとえ。

「五節句」というのもあります。今は桃の節句と端午の節句くらいしかしられてませんけどね。

人日(じんじつ) (=一月七日)
上巳(じょうし) (=三月三日)
端午(たんご) (=五月五日)
七夕(しちせき) (=七月七日)
重陽(ちょうよう)(=九月九日)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%8F%A5
節句

六日の菖蒲、十日の菊(むいかのあやめ/しょうぶ、とおかのきく)
5月5日(菖蒲の節句)までの菖蒲、9月9日(菊の節句)までの菊は価値があるが、その日を過ぎると一気に価値がなくなる意味[11]。転じて、時機を逸して価値のなくなった状態を指す[11]。例えば、2月14日を過ぎたバレンタインチョコ、12月25日を過ぎたクリスマスケーキが投げ売りされることと同様の意味合いである[要出典]。

https://www.alsok.co.jp/person/recommend/2042/
五節句とは?日本の四季を彩る節句の意味や行事食

2022年8月15日 (月)

歴史感覚 或は 時の流れの長さ

西木空人さんの選になる朝日川柳に驚かされました。

朝日新聞デジタル(2022年8月13日)から

七十七 戦前と並んだ戦後(大阪府 藤井康信)

ドキっとしました。
私は74歳、戦後生まれですが、おおよそ「戦後」と呼ばれる期間の長さを生きてきました。
でも「戦前」といわれると、昭和の初めあたりくらいからという感覚でいたのです。大正や明治など「古く過ぎ去った歴史上のもの」という感じがあった。
ところが上の川柳の指摘は鋭く恐ろしい。

1945+77=2022
これが「戦後77年」という事ですよね。
じゃあ「戦前77年」はどうなりますか?
1945-77=1868
こうなります。
1868年って「明治元年」じゃないですか。
Wikiによれば↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB

明治の元号下にあった1868年10月23日(明治元年9月8日)から1912年(明治45年)7月30日までの45年間を明治時代と呼ぶ。

明治維新そのものについては色々ありますけれど、シンプルに明治という元号で考えれば上の通りですね。

明治なんて遠くはるかな歴史的な時代と感じがちですが。
今年を戦後77年というなら、戦前77年は明治元年だよ。
この歴史感覚、いかがですか?そうなのか!とビックリしませんか。

自分の「今」ばかりに引き付けて物事を考えてはいけないんだなぁ。
私は混乱しています。突きつけられてしまいました。

2022年8月10日 (水)

雀が蛤になる:七十二候

日経サイエンス 2022年08 から
「高精度ナビの仕組み 鳥には地磁気が見えている」
この記事の中身は衝撃的に面白いのですが、その内容自体は説明しきれません。電子のスピンの変化を、視覚系で受け取っている、なんて、説明するには私の力量は足りない。
ただ、この記事の冒頭部分に面白い記述があったのです。
↓部分引用します。


 人々は鳥がなぜ季節ごとに姿を現しては消えるのかについて長い間頭をひねってきた。アリストテレスは、ツバメなどの一部の鳥は真冬の数カ月間冬眠し、それ以外の鳥は別の種類に姿を変える(例えば、ジョウビタキは冬の間コマドリに変身する)と考えていた。

あらら。
日本の七十二候にはありませんが、中国の七十二候には「雀入大水為蛤」というのがあるそうです。
寒露の次候に「雀入大水為蛤 雀が海に入って蛤になる 」というのがあるのだそうで。
(私は二十四節気までは理解しますが、七十二候は無視です。いくらなんでもなぁ、受け入れがたい。)
↓でもまあ、知識として耳にしたことはあるんです。

https://kigosai.sub.jp/001/archives/15285

雀蛤となる(すずめはまぐりとなる) 晩秋

【子季語】
雀大水に入り蛤となる/雀化して蛤となる
【解説】
二十四節気の一つである寒露を三つにわけたものの一つで、七十二候の一つでもある。寒い時期、人里に雀が少ないのは、海で蛤になっているためと考えられていた。

中国の季節感は日本とはずいぶん違うでしょうね。日本ではスズメは年中いますし、寒い時にまん丸に膨らんでいる姿は可愛いものです。(現代では、東京などではスズメを見ることが激減してしまって、それはそれで重大事なのですけど。)
「寒くなるとスズメが減る、海でハマグリになっているんだろう」
って。アリストテレスに通じるものがあるようですね。
ふ~ん。そういう感覚もあり得るのか、とサイエンスの記事に触発された次第です。

 

2022年8月 8日 (月)

原爆の日に寄せて

8月6日は広島原爆の日、8月9日は長崎原爆の日。
私自身は昭和23年生まれですので、直接の戦争体験はありません。
ただ、高校教師として、修学旅行などで広島や長崎の資料館へ生徒を引率していったことも度々。
担任を持つ体力を失ってからも、資料館へ行く生徒の事前学習などで、話をしたことも何度かあります。
個人的にも何度か行っています。

その中で、鮮烈な記憶が残っている出来事があります。
1982年1月。広島で行われた教育研究集会に参加した時のことです。

一つは詩人・栗原貞子さんとの一瞬の出会い。
もう一つは、広島の高校生にもらった原爆瓦。
これらの話は、過去記事に詳しいので、改めて書くことはやめておきます。

↓ぜひ読んでいただきたいのです。お願いします。3000度で焼かれた原爆瓦の写真もあります。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-9ff9.html
2010年8月 9日 (月) 出会い

上のリンク先から部分引用します↓

 どのような人と、いつどこで出会うのか、そんなことは全く分かりません。出会いを果たせないなら、それは己が未熟。いつどんなときでも、いかなる出会いにも正面と向き合えるか、それは自分を厳しく問う行為です。
「可能と思えるありとあらゆる準備の果てに、でたとこまかせ」を標榜しているのはそういうことです。最初から目的があってそれにかなわぬものは役に立たないと切り捨てるのでは、あまりに貧しい。豊かな出会いを逃してしまいます。
ありとあらゆることに「正面衝突」してこそ、出会いを捕まえることができるのでしょう。
・・・
◆この教育研究集会に際して、地元広島の高校生たちが元安川の河川敷で原爆瓦を拾い集め、洗い、全国から集まった先生方に配ってくれました。
・・・
表面はこんなです。3000度というような高温で焼かれて、瓦がふつふつと煮立ったあとです。この熱で、人も焼かれました。街のすべてが焼かれました。
そのことを思ってみて下さい。
資料館などで、展示資料のあまりの悲惨さに目をつぶって駆け抜けてしまう生徒がいます。感受性が高いのですが、それでいいのか?と自分の生徒には尋ねます。
悲惨な現実を見ることはとても辛いことだ、しかし、一番つらかったのは誰だ?
被爆した方々ではないのか?その辛さに比べれば、私たちが受け取る辛さなど何ほどのものでもない。ぜひ、受け止めてくれ。それが今生きている私たちの責任だ。とね。
・・・
授業は教師一人でできるものではないのです。生徒との共同作業で構築していくものなのです。ですから、教師と生徒は授業仲間なんですね。
長く教師をやりましたが、同じ授業なんてできません。いつも違う仲間とつくるんですから、同じものになるわけがないでしょう。授業は生きもの。仲間と育てるものです。
・・・
すべての人の心が「なぎ」わたりますように。
すべての「人と人の間」から、権力・力の関係が消滅しますように。

これと同じ内容を、今は月面にある「かぐや」に搭載されたプレートに書きこんでもらってあります。
私のメッセージは月面から地球を見ています。

夢を持て、夢に向かってひたすら努力せよ、夢にかかわりのないものは不要、夢がかなわなかったら
それは自分のせいだ。という自己責任論というものは、痩せてみすぼらしい不毛なものなのです。

↓もう一つの過去記事。原爆瓦についてです。どうぞ。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_e3cf.html
2007年9月 4日 (火) 原爆瓦

 

2022年7月 7日 (木)

サラダ記念日

★7/6の出来事

↓①7/6の朝刊の紙面掲載の記事と同じもののデジタル版、記事の始まりの部分です

(AIと創作の未来:上)短歌とは?ヒントをくれる、AIが
2022年7月6日 5時00分
 将棋や囲碁の例を引くまでもなく、AI(人工知能)は私たちの日常のあらゆる分野に着々と根を張りつつある。「七月六日はサラダ記念日」の歌で知られる歌人、俵万智さんに短歌を生成するAIを体験してもらい、AIと創作の未来について考えた。
(後略)

②一通り朝の習慣的行動を終えて、PCを開きまして、デジタル朝日の速報というところを読み始めたら

今も読まれる「サラダ記念日」 異例のブーム、俵万智さん恩師が分析
佐々波幸子2022年7月6日 7時06分

 《「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日》

 なんでもない1日が、誰かのひとことで特別な1日になる。三十一文字(みそひともじ)の短歌がそう教えてくれた。
(後略)

③七月六日はサラダ記念日 発売35年、今なお共感される俵万智の短歌
佐々波幸子2022年7月6日 7時06分
 《「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日》

タイムスタンプが「7月6日 7時06分」こう来ましたね。これは意図的なんだろうと推測しました。
①の記事のタイムスタンプは「7月6日 5時00分」ですね。朝刊記事そのものの場合「5:00」なのです。
②の記事は速報で、掲載順のタイムスタンプが付くのが普通。
推測するに、「七月六日はサラダ記念日」を意識したんじゃないかな。

↓夕刊には③と同内容の記事が掲載されました。
その記事を7/7、今朝デジタル版の夕刊面で読んだら

(時代の栞)「サラダ記念日」 1987年刊・俵万智 普段の言葉でいい、あなたの一首を
2022年7月6日 16時30分

夕刊記事のタイムスタンプは、みな「16時30分」なのです。なるほどねぇ。

紙の新聞とデジタル版を両方読むのが習慣なのですが、タイムスタンプにこんな遊び心が隠されていたとは・・・楽しかった。
{紙の新聞ではタイトルの文字の大きさが異なったり、関心をひく語に惹かれて、そのすぐそばの記事を読み落としたりします。デジタル版では、全部の記事が同じ大きさの文字で縦に並んでいますから、読み落としが少ないのです。そんな読み方をしています。}

 

2022年6月27日 (月)

げじげじ

朝日俳壇 2022年6月19日から
 <小林貴子選>
 げじげじと本名二度も呼ぶ慣(岐阜県揖斐川町)野原武

(「慣」は「ならい」と読んでください)
現在正式和名は「ゲジ」なんですね。
そこを衝いた句で、ニヤッとしてしまいました。

そう、ゲジとゲジゲジの違いを意識しておられない方は多いのではないかな。
ムカデもヤスデもゲジも、ひっくるめてゲジゲジと認識し、呼んでいる方も多いでしょうね。

↓広辞苑から

げじ【蚰蜒】ゲヂ
(歴史的仮名遣 ゲジとも)ムカデ綱(唇脚類)ゲジ目の節足動物の総称。人家の中、床下、その他、暗い湿った場所にすむ。形はムカデに似て、体長約3センチメートル。15対の脚は非常に長く、触角と最後部の脚は特に長い。口器が発達し、小虫を捕らえて食う。人間に害はない。日本にはオオゲジなど2種が分布。げじげじ。
広辞苑第六版より引用

↓更にフマキラーのHPから
https://fumakilla.jp/foryourlife/292

 ゲジゲジは、ムカデ綱のゲジ目(学名:Scutigeromorpha)に属する生き物の総称です。ゲジゲジとは伝統的な呼び名で、現在の標準和名は「ゲジ(蚰蜒)」。
 ちなみにゲジゲジの正式名称は、ゲジ目ゲジ科ゲジ属ゲジといった、見た目同様、インパクトのある名称をしています。
・・・
 見た目の特徴は、体の左右にたくさん生えている縞(しま)模様がついた細く長い脚。褐色の体にも大きな縞模様が入っています。ゲジゲジは幼虫のときは足が左右4本ずつ計8本しかありません。
 脱皮を繰り返すことで足もどんどん増えていき、15回以上脱皮を繰り返して成虫になると、左右15本ずつ計30本もの足がびっしりと生えたあの独特な姿となります。
・・・
 家の中でゲジゲジと遭遇して思わず絶叫してしまった人もいるのではないでしょうか。あのビジュアルのため、不快害虫と呼ばれるゲジゲジですが、ゴキブリやクモを捕食してくれる益虫なのです。
 しかも、あの見た目の割に性格は穏やかで臆病。とても警戒心が強いため、自分から人間の前に姿を見せることはあまりありません。
 ゲジゲジは几帳面できれい好き。ゴキブリを捕食した際も、羽まで残さずきれいに食べます。また、ゴキブリのように病原菌を運ぶ機能などは備えていないため、衛生害虫でもありません
 このように、人間にとって無害なのに不快な「害」虫と言われてしまうのは、少々気の毒な気もしますが、そうとわかっても家の中で出会うのは勘弁してほしいという人のために、ゲジゲジが家の中で発生する原因について見ていきましょう。

検索すると殺虫剤メーカーのサイトが多くヒットしますが、人間には無害という点ではみな一致、です。

生徒が瓶に入れたゲジを持ってきて、先生これはなにか?と質問してきたことがあります。
「これはゲジというんだよ」と教えたら、ビックリしていましたっけ。「ゲジゲジじゃないんだ、ゲジなんだ」とね。
生物がもともと専門の同僚が「眼がいっぱいあるやつは苦手だ」と言ってました。その人は鳥の専門家でね。
私はもともとが昆虫好きですから、複眼に何の違和感もないですが、鳥は苦手です、識別できない。
教師にもいろいろあるんです。私にはゲジの「顔」はかわいく感じられました。

子犬の散歩

朝日歌壇 2022年6月19日から
 <馬場あき子選>
 風の日の子犬の散歩は進まない揺れる物みな遊び仲間で(山口県)庄田順子

読んで思わず笑ってしまった。情景が眼に見えるようです。
動くものがあると、「ナンダ?ナンダ?ナンダコレ?」とかまいに行く。
とにかく哺乳類の子どもたちってみんな好奇心旺盛ですよね。
自分の身の安全なんて考えてない。ひどく危ない時は、親がメッと介入する。
好奇心を原動力にして、いろんな知識を吸収し、成長していく。

人間だってそうでしょ。

幼い子と手をつないで散歩に出ると、なかなか進みませんよね。とにかく、大人から見れば「余計なこと」に好奇心を発揮して学んでいく。
好奇心を摘み取らないでください。「目標に向かってまっしぐら」なんていうのは、貧しく痩せた考え。
旺盛な好奇心があれば、人間は子どもに限らずどんな年齢になっても成長していけるんです。
好奇心豊かな子は「伸び代」が大きい。
元教師が保証します。

池上線

朝日歌壇 2022年6月19日から
 <永田和宏選>
 吊り革の代わりに掴(つか)んだ君のシャツ池上線のカーブ懐かし(川崎市)井上優子
【評】 井上さん、甘酸っぱい青春の記憶。掴んだシャツもいいが池上線のカーブがいい。

この歌を読むと、私の年代だと西島三重子さんの「池上線」を思い出しますね。
1976年にシングルカットされたのだったそうです↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E4%B8%8A%E7%B7%9A_(%E6%9B%B2)
池上線 (曲)

「池上線」(いけがみせん)は、1976年4月25日に発売された西島三重子の2枚目のシングル。1975年9月にリリースされた西島のファーストアルバム『風車』収録曲で、人気が出てシングル盤として発売され[1]、西島の代表曲となった

この歌では「シャツを掴む」ことはないですが、あふれる涙をふく白いハンカチを握りしめた、と描写されています。
ジ~ンとする歌でした。ご存じない方は検索してください。聞けます。

★西島三重子さんには、似たような雰囲気の歌でジ~ンとくるのがもう一つ記憶にあります。
「千登勢橋」 門谷憲二作詞・西島三重子作曲  1979年

恋を失った瞬間に「電車と車が並んで走る」のを見下ろす「千歳橋」から「白いハンカチ」を落としてしまった。

のです。この電車は都電ですね。路面電車の。別名「チンチン電車」。
この当時は都電をよく利用しましたっけ。渋谷から神田の古書店街へ行くのに都電でのんびり行きましたね。頻繁に。
おそらく今では想像もつかないと思いますが、渋谷のハチ公のそばを「トロリーバス」というのも走っていたんですよ。1960年代の終わりころまでだったかな。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B9

トロリーバス (英: trolleybus、米: trolley bus)とは、道路上空に張られた架線(架空電車線)から取った電気を動力として走るバスを指す。「トロリー」とは集電装置のこと。外観も操縦法も普通のバスに近い。略してトロバスとも呼ばれ、日本語では無軌条電車(むきじょうでんしゃ)と訳される。

電気バスには通常、架線から給電するトロリーバスは含めない。

↓過去記事
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_dfd7.html
2007年12月19日 (水) 池上線

 

ねじまわし

★2022年6月15日の夕刊に津村記久子のエッセイが載っていました。
(となりの乗客)あなたのネジ締めます 津村記久子

津村さんが使っているデスクライトのアームがゆるんできて、ネジを締めればいいということはわかるのだけれど、道具のことでひと悶着あった、のだそうです。


・・・手持ちの精密スクリュードライバーセットのどれで締めても、ネジが回るという手応えがない。むなしくネジ穴を滑ってゆくばかりだ。
・・・恐る恐る「#2」というドライバーを買ってきた。持っていたスクリュードライバーセットは、「#1」というのが最大で、どうも太さが足りなかったようなのだ。
 「#2」でネジを締めた。締まった。力強い手応えだ。呼び径に対して不適切なドライバーを使用していた頃の無力感がうそのようだ。なんて頼もしいんだ「#2」。
 ・・・(後略)

女性の年齢のことを言うのは失礼に当たりますが、40代の方ですが「ネジ」というものに全く感性がないのであるらしい。ちょっと意外で、笑ってしまった。「#2」があれば大抵のことには対応できます。
私なんかは小学生の頃から、ラジオを作ったり、家のちょっとしたトラブルにはいつも自分で対応していましたから、ネジの頭を見れば、どんなドライバーを持ってきたらいいかは、一目でわかります。
また、どうも男というもの(「私の年代の」としますか)は、道具に凝る、というところがあって、ドライバーは豊富に取り揃えてあるんです。
ライトのアームが緩んだ時に、精密ドライバーを持ち出したりはしない。
メガネのネジが緩んだ時に精密ドライバーは欠かせないけど。
ネジとドライバーのサイズが合わないと、ネジの頭の溝がつぶれたりして、そうなるとさすがに「おおごと」になってきますからね。
「ねじまわし」くらいは一通り持っていた方がいいのではないかと思います。
↓工具屋さんのHPです。参考にどうぞ。
https://evojapan.sakura.ne.jp/tool/plus-2/

★さて、上で「メガネのネジが緩んだ時に精密ドライバーは欠かせないけど」と書きましたが、面白い短歌に出会いました。

朝日歌壇 2022年6月19日
 <佐佐木幸綱選>
 わかったわ眼鏡のねじの修理にはもひとつ眼鏡が要るということ:(名張市)金曽明子

読んで、一瞬「ん?」となったんですね。どうなっているのかな?と。
私は少年時代から近視で乱視で、歳をとって老眼になったという男です。
私が自分の眼鏡のねじを締めようとしたら、裸眼になるのが手っ取り早い。
ごく近くに小さなものを見るには裸眼がいい。

ん?「もひとつ眼鏡が要る」って。裸眼じゃダメなの?
あ、そうか、この方、もともと遠視でいらして、年齢を重ねて老眼になられた。
ですから、遠くを見るのはそうややこしくないのだけれど、手元の小さなものを見るには、凸レンズの眼鏡が要るのか、とやっと思い至りました。
私は自動車の運転時は、日常生活用の近眼眼鏡より度のきつい眼鏡を使用します。
そうすると、運転時はいいのですが、出先でパンフレットを読んだり、自署しなければならないということがあったときは辛い。鼻眼鏡にして、裸眼になるしかない。
この「裸眼になるしかない」という部分が、「もううひとつ眼鏡が要る」ということなんですね。
近視も遠視も、辛いですね、特に年を重ねると。

いや、だらだらと失礼しました。

2022年6月13日 (月)

6月9日は「ロックの日」でした

↓発端は東京新聞の「今日は何の日」という短い連載。
東京新聞

きょうは何の日 6月9日 ロック(鍵)の日(2022年6月9日)
 家の鍵を見直すことで防犯意識を高めてもらおうと、日本ロックセキュリティ協同組合が制定。正式名称は「我が家のカギを見直すロックの日」です。

そうなのか、と検索してみました↓
https://zatsuneta.com/archives/106091.html
ロックの日(6月9日 記念日)

★錠の「ロックの日」
 東京都千代田区神田神保町に事務局を置き、防犯の要である錠の取り扱い業者の団体である日本ロックセキュリティ協同組合(JL)が2001年(平成13年)に制定。
 日付は「錠」が英語で「ロック(Lock)」であることから「ロ(6)ック(9)」と読む語呂合わせで6月9日に。一般社団法人・日本記念日協会に認定・登録されている記念日の名称は「我が家のカギを見直すロックの日」となっている。
 ・・・
★音楽の「ロックの日」
 神奈川県横浜市都筑区に本社を置き、音楽関係のスポットで配布されるフリー・マガジン「DiGiRECO(デジレコ)」を発行する株式会社ミュージックネットワークが制定。
 日付は音楽の「ロック(Rock)」から「ロ(6)ック(9)」と読む語呂合わせで6月9日に。「ロックデー」ともいう。日本記念日協会に認定・登録されている記念日の名称は「ロックの日」となっている。
 ・・・

笑ってしまいました。日本的な記念行事だなぁ。
「Lock」と「Rock」の区別がつかないんだなぁ「ろっく」では。
以前から私はローマ字でラ行を「r」で書くことはそもそもの間違いだったと考えてきた男です。
日本語の「ラ行」は「ℓ」でしょう。「ℓ」は舌の先が口蓋の上につくんじゃないですか?「r」はつかないでしょ。

日本人であることを意識させられる日なのでした。

★翌10日の朝日新聞デジタルから↓

無施錠の自転車にカギをかけまくる 「ロック(6・9)の日」に啓発(朝日新聞デジタル 2022年6月10日)
 【奈良】6月9日は語呂合わせで「ロックの日」、自転車の盗難を減らそうと、天理署と天理大学が近鉄前栽駅前の無施錠の自転車24台にかぎをかける啓発運動をした。見知らぬかぎを付けられた自転車に驚く持ち主には、警察官が事情を説明して注意を呼びかけていた。
(後略)

こんな取り組みもあるんですね。自転車を利用される方は覚えておいていいかも。

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ