« 今年も後半戦に入りました | トップページ | 奇数は対称性がいい »

2022年7月 7日 (木)

サラダ記念日

★7/6の出来事

↓①7/6の朝刊の紙面掲載の記事と同じもののデジタル版、記事の始まりの部分です

(AIと創作の未来:上)短歌とは?ヒントをくれる、AIが
2022年7月6日 5時00分
 将棋や囲碁の例を引くまでもなく、AI(人工知能)は私たちの日常のあらゆる分野に着々と根を張りつつある。「七月六日はサラダ記念日」の歌で知られる歌人、俵万智さんに短歌を生成するAIを体験してもらい、AIと創作の未来について考えた。
(後略)

②一通り朝の習慣的行動を終えて、PCを開きまして、デジタル朝日の速報というところを読み始めたら

今も読まれる「サラダ記念日」 異例のブーム、俵万智さん恩師が分析
佐々波幸子2022年7月6日 7時06分

 《「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日》

 なんでもない1日が、誰かのひとことで特別な1日になる。三十一文字(みそひともじ)の短歌がそう教えてくれた。
(後略)

③七月六日はサラダ記念日 発売35年、今なお共感される俵万智の短歌
佐々波幸子2022年7月6日 7時06分
 《「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日》

タイムスタンプが「7月6日 7時06分」こう来ましたね。これは意図的なんだろうと推測しました。
①の記事のタイムスタンプは「7月6日 5時00分」ですね。朝刊記事そのものの場合「5:00」なのです。
②の記事は速報で、掲載順のタイムスタンプが付くのが普通。
推測するに、「七月六日はサラダ記念日」を意識したんじゃないかな。

↓夕刊には③と同内容の記事が掲載されました。
その記事を7/7、今朝デジタル版の夕刊面で読んだら

(時代の栞)「サラダ記念日」 1987年刊・俵万智 普段の言葉でいい、あなたの一首を
2022年7月6日 16時30分

夕刊記事のタイムスタンプは、みな「16時30分」なのです。なるほどねぇ。

紙の新聞とデジタル版を両方読むのが習慣なのですが、タイムスタンプにこんな遊び心が隠されていたとは・・・楽しかった。
{紙の新聞ではタイトルの文字の大きさが異なったり、関心をひく語に惹かれて、そのすぐそばの記事を読み落としたりします。デジタル版では、全部の記事が同じ大きさの文字で縦に並んでいますから、読み落としが少ないのです。そんな読み方をしています。}

 

« 今年も後半戦に入りました | トップページ | 奇数は対称性がいい »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も後半戦に入りました | トップページ | 奇数は対称性がいい »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ