« パンジー | トップページ | 何という気温変化 »

2022年4月18日 (月)

ルリマルノミハムシ

0326_18rurimarunomihamusi1 2022.3.26
ジンチョウゲの花を遠くからフト見たら、花の中が黒い。あれ?ジンチョウゲの花って咲いてから長くたつと花の中がくろくなったりするんだっけ?と、よく見れば、ルリマルノミハムシですね。この時点では花の中にいる2匹を認識していました。
0326_18rurimarunomihamusi2
ぐっと近づいたら。あらま、5匹もいたんだ。そう思って冒頭の写真を見ると、確かにいますね。
少し青みがかった黒い光沢のある体。体の両脇にはみ出した後脚が特徴的なんです。これで判断して、まず間違いません。
ハムシですからね、蜜を吸うとかではなく、植物体の表面をかじります。

0327_21rurimarunomihamusi 3.27
カジイチゴの花で。

0406_24rurimarunomihamusi 4.6
ムラサキハナナにて。
今頃の時期から、花にいるところを見るようになります。
年中いますけどね。

分類的には
甲虫目>カブトムシ亜目>ハムシ科>ノミハムシ亜科
こうです。
「ノミ」というのは、逃げるときに歩いて逃げるのではなく、プチっという感じで跳ねて消え去るからでしょう。
逃がすとどこへ行ったかを追跡するのはなかなか大変。目の前から消えてその後は翅で飛んでいきます。
妻も初めて見たときは、「消えるのよね」といって笑っておりましたっけ。

« パンジー | トップページ | 何という気温変化 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンジー | トップページ | 何という気温変化 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ