« クロッカス | トップページ | クサボケ »

2022年3月10日 (木)

トリックアートと犬 + 猫の錯視

TBSのNスタ、午後7時直前の楽しい時間。
床に描かれたトリックアートに対する犬の反応。
0218_6trick1 2022.2.18
まるで深い穴になっているようですが、実は平面上の絵なんですね。
それを見つけて
0218_6trick2
どうなってるのかな、と探っているような感じ。
0218_6trick3
結局その絵の中に座ってしまった。

どういう感じだったんでしょうね。想像するに、視覚的には穴のように感じたのではないか。でも、顔を近づけてみると穴ではないような。戸惑いながら座ってみて確認した。
と。

違うかなぁ。
↓動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=sy5prj8yOoA
トリックアートに“吸い込まれる”犬【Nスタ】

犬も、トリックアートを目で見たときは、そこに窪みがあると見えたのだと思います。

★今、上で私は「視覚的には穴のように感じたのではないか」と書きました。
実は、猫での錯視、というのがほぼ確認されているのです。

カニッツァの三角形というのをご存知ですよね。
Kanizsa_triangle
こういうの。
存在しない輪郭線が見えてしまって、逆さまの三角形が見えます。

↓参考
視覚的補完の基本図形いろいろ
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/kanizsa.gif
カニッツァ図形(Kanizsa's figure)・・・4つの黒い円の手前に白い正方形があるように見える。なお、カニッツァの原画は三角形であった。

で、ここでの三角形を四角形にします。カニッツアの四角形ということにになりますか。
Kanizsa_
パックマンみたいなのをこう配置すると四角形が見えます。

↓「カニッツァ 猫」で検索するとこういうのが見られます。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/05/post-96237.php
ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であっても 
2021年5月7日(金)18時00分

・・・
「正方形のように見える」スペースにも入ります

それでは、欠けた黒い円を四隅に配置することで正方形のように見える「カニッツァの正方形」でも、ネコはこれを正方形と知覚し、その中に入るだろうか。
・・・
「カニッツァの正方形」に反応したのは7回で、8回であった正方形とほぼ変わらず、わずか1回にとどまった対照の図形よりも明らかに多かった。
・・・

というわけで、猫も人と同様の錯視を見るらしい。
猫が分断された獲物を見て、獲物と認識できなければ狩りが成立しないでしょうしね。
人が木立で分断されたトラを見てトラと認識できなければやられちゃうかもしれないし。

生きる上で必要なんですよ。見たものを常識で補間するということは。

「そうとしかみえない」についての記事でも書きましたが、私たちが「見た」と認識するのは脳が再構成したものです。網膜に写った画像そのものではありません。

« クロッカス | トップページ | クサボケ »

動物」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロッカス | トップページ | クサボケ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ