« 教えてください | トップページ | 「うれしいひなまつり」リンク集 »

2022年3月 3日 (木)

君のひとみは10000ボルト

(はてなTV)「君のひとみは…」なぜ?(朝日新聞デジタル 2022年2月15日)

 Q:創業150周年の資生堂のCMで、「君のひとみは10000ボルト」が流れています。なぜこの曲を選んだのですか。 A:前田美波里さん、石田ゆり子さん、長澤まさみさん、安藤サクラさんなど、そうそうたる女優陣が出演する映像。資生堂
 150年の歩みと未来に向けた美の可能性を、各時代のCMへのオマージュで表現しています。
 広報部によると、元の楽曲は1978年の「ベネフィーク グレイシィ」のキャンペーンソングで、堀内孝雄さんが歌った大ヒット曲です。担当者は選曲の決め手を「いまの時代を生きるどの世代の方が聴いても、明るく前向きに進んでいこう、と思わせてくれると感じたから」と説明します。
 ・・・

この歌には思い出がありましてね。
歌詞に「君のひとみは10000ボルト 地上に降りた最後の天使」という部分があるのです。

当時は工業高校で化学・物理を教えていたのですが。この工業高校には機械科・電気科・電子科がありまして。
電気科でも授業やってたな。

   10000ボルトかよ
   やっぱりなぁ、地上に降りた最後の天使ともなると、ずいぶんパワー不足だよなぁ

などと言って笑ったのでした。
作詞者は、ものすごく高い電圧というつもりで「一万ボルト」にしたんでしょうけれど。

↓送電について
https://www.tepco.co.jp/pg/electricity-supply/operation/line.html

送電線とは
 送電線は、発電所と変電所、あるいは変電所どうしの間を結んで、大量の電気を高電圧でムダなく効率よく送る、重要な役割を果たしています。
 現在、当社には主に6万6,000Vから50万Vまでの送電設備があります。このうち、27万5,000Vと50万Vの超高圧設備は、発電所からの長距離大容量送電に使用します。超高圧設備で送電された電気は、消費地に近づくにつれて15万4,000V、6万6,000Vと電圧を落としていき、配電用変電所で、電柱にかかっている電線で使用される電圧の6,600Vまで下げてから、お客さまのもとへお届けしています。

発電所から遠くへ送電するには、電圧が高い方が電力損失が少ないので、50万Vなどという高電圧を使います。
電柱にトランスが乗ってますね、あそこまでは6600Vであそこで100Vに下げて家庭で使う。
工業高校の電気科ですからね、電気工事士とか電気主任技術者とかいう資格に挑戦することもあるわけで。
万の位の電圧にも接するわけですよ。
ですから「1万V」くらいじゃ、パワーが小さいな、なんですね。

更に、普通科の物理教師としては、電気の授業で静電気を扱う。
ごく大雑把にいって、空気中で1cmの火花が飛んだら、約1万V、と考えていいんです。
物理実験室で、ウィムズハースト式誘導起電機とか、ヴァンデグラフ起電機とかで静電気を起こし、10cmやそこらの火花を飛ばす。10万ボルトですよ。電流は小さいですから、体に放電しちゃうと痛いけどやけどとかはしません。イテッだけです。
ライデン瓶に蓄電して火花飛ばすとか、色々やりましたね。
下敷きで髪の毛こすっても火花は小さいけれどあれで1万V位は出てるんですよ。

とまぁ、そんなこんなで
「君のひとみは10000ボルト 地上に降りた最後の天使」がヒットしても
「地上に降りた最後の天使ともなると、ずいぶんパワー不足だよなぁ」になってしまうのでした。
その天使さんに1cmまで接近すると、火花を受けるかもしれませんね。

★ちなみに、雷の電圧は1億Vにも達する、といいます。

« 教えてください | トップページ | 「うれしいひなまつり」リンク集 »

人事」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

1万ボルトが大したこと無いとはビックリです。キレイな瞳から1万ボルトの光線が飛び出す?のかしら、なんて。以前車で出かけた時に見かけたのですが、高い送電線に人間がぶら下がっていたのです。実際はどうゆうふうにしているのか分かりませんが。本当に驚きました。夫の知りあいにそういう方がいて話を聞いたそうですが、メンテナンスのため定期的にするそうで、高圧線を引く時もだそうです。それから子供のころ、家の隣の田んぼに雷が落ちました。家では無く田んぼに落ちるのはナゼなのですか❔あの時は死んだかと思いましたが、生きてました。ご存知でしたらお願いします。静電気もこの時期辛いです。1万ボルトくらいでしようか❔

コメントありがとうございます。
電圧というのは物理的には無限遠をゼロとしますが、実用上は地球をゼロとします。アースというやつですね。送電線は高電圧ですがそれはアースに対してです。鉄塔から送電線に移動するときに両方に同時に触れないように注意深く移動するのです。詳しい技術は私も知りませんが。一旦送電線に乗っているかぎりにおいて感電はしません。降りる時がまた大変ですけど。
雷放電は雲の中と地面との間を何往復もして「稲妻」となります。その相互作用が大事なので、必ず高いところに落ちるというものではないのです。どこにでも落ちますよ。
説明を尽くしていませんが、とりあえず。
今後ともよろしく。

なるほど、どこにでも落ちるものなのですね。何も知らないので、高い所に落ちると思っていました。勉強になりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教えてください | トップページ | 「うれしいひなまつり」リンク集 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ