« ハツユキカズラ | トップページ | 月の言葉 »

2022年1月17日 (月)

月の変化:🌜 🌛どっちが三日月でしょう?

1227_2moon
2021.12.27
下弦の月です。朝の7時50分頃の撮影。
昼頃に月の入り。「弦」を下にして沈んでいきますので下弦ですね。

1229_1moon0650
12.29 06:50
旧暦26日の月です。

1230_1moon0644
12.30 06:44
1日でこのくらいの変化。

↓気象予報士伊藤みゆきさんのブログ
https://ameblo.jp/ito-miyuki/entry-12718550680.html
年越しは冬将軍と、冬型で。(2021-12-31 09:21:02)

けさ、南東の空に見えた月🌜
[写真]
鏡三日月

次の新月新月が1月3日、ホントの三日月は5日~6日ごろです。(西の空に向きが逆の月🌙が見られます)

写真のキャプションに「鏡三日月」とあります。で絵文字で「🌜」。

0105_9moon1715_2
2022.1.5
これが旧暦12月3日の「三日月」です。伊藤さんの記事中では「🌙」こう書かれているやつ。

「🌜 🌛」
「つき」と入力して絵文字を探すといろいろ出てきますよ。
もうお分かりのように、「🌛」これが三日月で、「🌜」これが二十六夜月なんですね。
でもそれを伊藤さんは「鏡三日月」と呼んでおられる。
検索しても鏡三日月は正式な用語ではないらしい。
2016年の私のブログがヒットしたりして↓
★鏡三日月
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-894c.html
2016年1月 8日 (金) 鏡三日月

この記事の中で、私は伊藤さんのブログから引用しています。
http://ameblo.jp/ito-miyuki/entry-12114328078.html
きょうあす…と、だんだん寒気が南下する(2016-01-07 08:06:24)


 東京も見えました 月と金星(でも、土星やアンタレスは見えなかった)。
 この月、三日月とは弧や出る位置が対称で、「鏡三日月」と名付けて放送で紹介してます
 私も昔はそうだったんですが、細い月はみんな三日月と思っていて、そのたびに「三日月は旧暦三日の月だ」とご指摘が何通も届きました。
 お便りでも「三日月が」と書いてあるものがあり、それをそのまま紹介してしまうと、またご指摘のお便りが届く…という繰り返し。
 なにか名称があれば、と思ってここ数回は「鏡三日月」と呼んでみてます。
これで「三日月じゃないよ」というご指摘が減ったらいいな。
 ・・・

こういうことだったようです。
細い月を見るとなんでも「三日月」と言いたくなりますよね。どっち向きはあまり意識してなくて。
「三日月」で検索して、画像を見ますとね、この間違いをしてしまって、「🌜」これを三日月としてしまった画像も見かけますよ。
伊藤さんはマズイということで、「鏡三日月」という呼び方にしたらしいですね。
確かに、二十六夜月と三日月は、互いに相手の鏡像になっている。鏡三日月、という表現、私は気に入りました。
しっとりした語感ですよね。正式な言葉にしてもいいと思います。普及してくれた方が楽しいな。

★さて
三日月の上の方を見てください。
0105_9moon1715_1 2022.1.5 17:15
画面の上の方に小さな光点があります。
これは木星だと思います。

0107_2moon1715_3 1.7 17:15
ここでは右下に光点があります。木星がここまで移動した。
妻は二日でこんなに動くのか、と驚いていましたが、まず間違いないはずです。

日々の変化をどうぞ。
0107_2moon1715_1 1.7

0108_6moon1714 1.8

0109_3moon1716 1.9

0110_2jougen_moon 1.10
この1/10は旧暦1/8で、上弦の月です。

明日1/18が「望」です。(1/3が朔でした)
どうぞ、今年最初の満月をお楽しみください。

↓参考
https://www.hitachi.co.jp/kids/kinopon/kinopontown/sky/04/
月の満ち欠け観察

3日目の月【三日月】
願いをかなえてくれる月
3日目の月「三日月」は、太陽がしずむころ、西の低い空に見つかります。でも、ビルや山があると、それにさえぎられて、なかなか見ることができません。だから、見つけられたら幸運があると考えられてきました。戦国時代の武将は兜に三日月をつけて必勝を願ったり、学校や会社のマーク、国旗に使われたりしています。

26日目の月【二十六夜月】
三日月とは逆を向いた月
26日目の月は、夜中の1時から3時の間にのぼり、夜が明けるころに空で白く輝きます。三日月とは逆を向いており、うかんでいる場所も西ではなく東です。

« ハツユキカズラ | トップページ | 月の言葉 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハツユキカズラ | トップページ | 月の言葉 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ