« クロヒラタアブ・ナミハナアブ | トップページ | トンガ大規模噴火による気圧変動 »

2022年1月21日 (金)

水滴の影

東京では1/6に雪が降りました。
それについては↓下に書きました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-5d3241.html
2022年1月11日 (火) 雪特集:1
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-ce702b.html
2022年1月11日 (火) 雪特集:2

さて、7日のTV気象情報から
0107_3yuki 2022.1.7
気象衛星ひまわりからの画像なのですが、関東平野が白く写っています。
これが雪です。
気象衛星の画像には、秋の紅葉が写ったり、土煙が写ったり、いろいろなものが写ります。
3万6千kmの距離からこんな解像度で地球が写る。すごいものですね。

さて、この7日(金)、いつものように二駅ほど先のスーパーへ車で買い物に。
私共の地域では、すでに車の通った道なら、特に緊張することなく走れます。
でも、スーパーに行くと、社員の方々がお客さんのために雪かきをしていましたし、店内は、買い物客も店員も、なんかまばらでガランとしていました。いつもの金曜とは雰囲気が違っていた。商品も揃いきっていなかったかもしれません。

さて、車で帰宅して、ふと気づいたら
0107_4kage1
画面左下。黒い丸い影がある。よく見ると、画面右上に水滴がついていました。
0107_4kage2
これですね。透明な水滴。
透明で光を遮らないはずの水滴の影ができる、なぜでしょう?
凸レンズ効果で水滴にあたった光が焦点に集まり、その後は広がってしまう。
で、水滴の後ろは光が少なくなって影になる。

このあたりの話は下の↓過去記事に図入りで詳しく書きましたのでお読みください。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-af9d.html
2010年12月10日 (金) 理科話(5):水滴の影

★思い出話。
・1980年代。工業高校で。2月の都立高校の入試の頃は東京で雪の多い時期。入試の日の朝、正門から校舎入口へ、教職員総出で雪かきしましたっけね。この時の入試で入学した学年の電子科で担任したのでしたっけ。
・別の日の雪での思い出ですが。
この工業高校の貯水槽は建物の上ではなく地面にあったのです。で、雪が降って寒い朝、貯水槽が凍ってしまった。貯水槽の周辺でいっぱい焚火をして温めようとしたのですが、なかなか融けない。
困ったのはトイレ。小はまあいいとして、大が困る。校内放送で、可能な限りは我慢してくれと伝えて、午前中で授業を打ち切ったのではなかったか。

いろいろありましたっけね。

« クロヒラタアブ・ナミハナアブ | トップページ | トンガ大規模噴火による気圧変動 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロヒラタアブ・ナミハナアブ | トップページ | トンガ大規模噴火による気圧変動 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ