« キンカン | トップページ | トラの「狛犬」 »

2022年1月18日 (火)

ニホンザル

0105_7nihonzaru 2022.1.5
NHKのニュースで見ました。
上高地のニホンザルが川でイワナなどの魚を捕まえて食べていることが分かったとのこと。
なかなかやるもんだ。川魚を見て、あれは食えるのではないか、と考えましたかね。
あるいは、新鮮な死骸でも見つけて食べてみて、おいしかったから、とか。
サルですもんね、いろいろ思考能力は高い。
サル仲間の私たちも思考を放棄してはいけません、負けちゃうぞ。

↓いつまでリンクが保たれるのかは知りません。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220111/1000074902.html
NHK
上高地のサルが魚食べて越冬 科学的立証は初 信州大チーム
01月11日 06時50分

長野県松本市の上高地に生息するニホンザルが魚を食べて越冬していることが明らかになったと信州大学などの研究チームが発表しました。

ニホンザルが魚を食べる生態を立証したのは信州大学理学部の東城幸治教授などの研究チームで、イギリスの科学誌で発表しました。
それによりますと、上高地に生息するニホンザルの複数年の冬場のふんをDNA解析したところ、イワナ類などの魚のDNAの型を確認し、ニホンザルが川で捕まえた魚を日常的に食べて冬を越えているとみられるということです。
科学誌に掲載された写真は、北海道のカメラマンとその同行者が平成31年1月に上高地で撮影したもので、移動しているニホンザルが魚をくわえている様子や両方の前足で魚をつかんで食べている様子を捉えています。
東城教授によりますと、ニホンザルに限らずサルが魚を食べている生態を科学的に立証し、実際にその様子を撮影した写真を科学誌で発表するのはいずれも世界で初めてだということです。
東城教授は「上高地のニホンザルは世界のサルの中で、最も厳しい寒さの環境で生息する集団とされているが、その独特な越冬の方法として、魚など川の生物から得た栄養源に頼っていることが立証された」と話しています。

« キンカン | トップページ | トラの「狛犬」 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キンカン | トップページ | トラの「狛犬」 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ