« ハチでしょうが 不明 | トップページ | サザンカ »

2021年12月20日 (月)

オシロイバナ

1118_4osiroibana 2021.11.18
線路柵内のかなりレールに近いところで咲いていました。
この時期ですから、朝に咲いて、昼までに閉じられなかった花なのでしょう。
部分的に赤の混じった、可憐な花です。頑張ってました。

1204_6osiroibana 12.4
朝に外へ出ていませんが、咲いていたのでしょうね。
気温が下がってくると、開花して閉じるという「運動」が遅くなります。生きるということは「化学反応の体系」ですから、温度が低いと反応速度が下がってしまうのです。
私たち哺乳類は体温を一定に保つので、化学反応の速度も一定を保てます。
生きるということが化学反応なのだということは大事なことです。

« ハチでしょうが 不明 | トップページ | サザンカ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハチでしょうが 不明 | トップページ | サザンカ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ