« 国際宇宙ステーション | トップページ | オオカマキリの卵鞘 »

2021年12月14日 (火)

一年で最も早い日の入り

1209_16nitibotunemuro1 2021.12.9
ライブで3:34、根室。もうすぐ陽が沈む。
1209_16nitibotunemuro2
3:37もうほとんど沈みそう。水平線に沈むにはもうちょい。
1209_16nitibotunemuro3
こういうことでした。日本列島は南北にも長いけど東西にも長いんですね。

2021_1209_sunnemuro
今日の星空から。根室、15:00の状況。

2021_1209_1530nitibotu
ひまわり8号からの写真。15:30です。夕暮れゾーンが北海道に迫っています。
このサイトで日本のあたりを見ているとおもしろいんですよ。
ひまわりは静止衛星ですので、画像の中で地球の自転は見えません。
かわりに、夕暮れゾーンが東から迫ってくる様子が見えるんです。
面白いですから、お試しください。

↓ここです。
https://himawari8.nict.go.jp/ja/himawari8-image.htm

★ちなみに

11/28~12/12 16:28 日の入りが最も早い時期
1/1 ~  1/13   6:51 日の出が最も遅い時期

間の冬至(12/22)日の出6:47 日の入り16:32
です。
Hinodeiri
ずいぶん以前に作ったグラフですので、日付なんかは今年と食い違っていると思いますが、「傾向」そのものは昔も今も同じです。

« 国際宇宙ステーション | トップページ | オオカマキリの卵鞘 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国際宇宙ステーション | トップページ | オオカマキリの卵鞘 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ