« 3.3G | トップページ | アキアカネ »

2021年11月24日 (水)

ほぼ皆既月食(蝕)

昔は「月蝕」と書いたのです。葉が虫に「むしばまれる」ようですので。今はこの漢字が使えないので月食でいきます。

11月19日の話です。午後6時頃は私は風呂の中。で、妻にテレビ画面を撮影してもらいました。
1119_11gesshoku
2021.11.19
日立市で午後6時頃の撮影。
最大食分は97.8%。「ほぼ皆既」といっていいですね。

1119_12gesshoku1859
18:59
この時点では私も風呂あがり。夜7時のNHKニュースにチャンネルを変える直前です。
私は昼間人間(それも午前中人間)ですので、夜は苦手。で、天体現象を自分で見ることは若い時からほとんどありませんでした。最近はこうやってTVで見ることができるようになり、大いに楽しめます。

20日の朝、目覚ましのラジオで、聴取者の方のメールで、いとうみゆきさんが素晴らしい写真を撮っていた、とのこと。
で、いとうさんのブログへ行ってみました。
↓これです。素晴らしい写真がいっぱい。19日の夜の投稿ですね。
https://ameblo.jp/ito-miyuki/entry-12711170869.html
見えました!雲の切れ間に「赤い月」2021-11-19 20:13:01

月食中の月の前を飛行機が横切っていくという、すごい瞬間もあります。
さすがですね。

↓翌11/20の投稿では、「ほぼ満月」という写真も掲載されていて、嬉しかった。
https://ameblo.jp/ito-miyuki/entry-12711419693.html

「ほぼ皆既月食」の翌日は「ほぼ満月」。確かになぁ。
肉眼的には皆既月食と満月でいいのでして、識別なんかできませんね。

★理科年表で調べたら

11/19
 月の出 16:29(東京)
食の初め 16:18.4
食の最大 18:2.9
食の終り 19:47.4

東京の月の出時刻には既に月食が始まっていたわけです。
「望」というのは、太陽・地球・月が一直線に並ぶことですよね。
それは11/19の17:57でした。
なるほど、18時直前。そして直後に最大食。なるほどね。

★当日の新聞記事↓

98%欠ける「ほぼ皆既」な月食、19日に ピークは午後6時2分(朝日新聞デジタル 2021年11月19日 6時00分)

 最大で月の97・8%が欠ける「ほぼ皆既」な部分月食が19日午後4時半ごろから午後8時にかけて、全国で見られる。月食は空の低い位置で起きるため、東の空が開けた場所で観察するのがおすすめという。
 国立天文台によると、月が欠け始めるのは午後4時18分。北海道と東北を除いて欠けた状態の満月が昇ってきて、午後6時2分ごろに食の最大を迎える。その後、月はどんどん元に戻っていき、午後7時47分ごろに部分食は終わる。
・・・
 月食は太陽と地球、月が一直線に並ぶ、満月のときだけ起きる。もちろん、満月のたびに月食が起こるわけではなく、月が地球を回る面と、地球が太陽を回る面がずれていることなどから、1年に数回しか起こらない。日食と違って、世界中どこでも同じタイミングで見られるのが特徴だ
 皆既月食の場合、皆既中の月は、赤銅色と呼ばれる赤黒い色で光る。皆既月食は月がすべて地球の影に入るため、太陽の光が届かずに真っ暗になりそうだが、実際には、地球の縁を回り込んだ光がわずかに届く。このとき、朝焼けや夕焼けの時の太陽が赤く見えるように、地球の縁の大気を長く通過した太陽の光は青い光が散乱して消え、赤い光だけが月を照らす。
・・・
 次は2022年5月に皆既月食が起きるが、日本からは見られない。日本で次に見られるのは22年11月8日で、午後8時ごろに皆既月食となる。日本ではその後、23年10月と25年3月に部分月食が、25年9月と26年3月に皆既月食がある。(小川詩織)

月食というのは、地球の影に中に月が入るという出来事ですから、地球の夜ゾーンではどこでも見られるわけです。
日本国内は同じ時刻を使用していますから、みんな同じ時間に月食を見る。
月食という出来事は「一つ」。それを見る人間がいる場所の時刻はそれぞれに違う。ということです。

↓やさしい解説
https://global.canon/ja/technology/kids/mystery/m_01_10.html
キヤノンサイエンスラボ・キッズ
日食・月食のふしぎ

★月食の場合、月は地球の影にすっぽり入ってしまいますので、地球の夜側の人たちはどこからでも見られます。
ところが、日食だと、月の影に地球がすっぽり入るわけではなく、月の影のごく一部が地表に落ちるだけ。その月の影が落ちた場所でしか日食は見られない。で、その影は地表面を移動しますので、なかなか日食を見ることは難しい。

↓過去記事です。わかりやすく書いたつもりですので、利用してください。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-956a.html
2012年5月21日 (月) 金環食:1

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-27ae.html
2012年5月21日 (月) 金環食:2

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-26b4.html
2012年5月29日 (火) 金環日食:1

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-27ae-1.html
2012年5月29日 (火) 金環食:2

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-9cf7.html
2012年5月29日 (火) 金環食:3

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-cbf6.html
2012年5月29日 (火) 金環食:4

↓影が移動する動画が見られます。
http://www.ne.jp/asahi/star/kuro/tentai/corona/99a1.htm

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-a44b.html
2017年2月28日 (火) 金環日食
★「日食 月の影」で動画を検索すると、YouTube で見られますよ。(今回のではありません。為念。)
https://www.youtube.com/watch?v=TOxRzE1BnbA
↑その一つ。
https://www.youtube.com/watch?v=TOxRzE1BnbA
[ひまわり8号] 日食:地上に落ちる月の影 2016.03.09 / CEReS, Chiba University

« 3.3G | トップページ | アキアカネ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3.3G | トップページ | アキアカネ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ