« ニチニチソウ | トップページ | ムクゲ »

2021年10月 4日 (月)

サザンカ

0907_6sazanka 2021.9.7
えっ!?ナンデ?今かよ。
9/7の最高気温の平年値は29.3℃、最低気温の平年値は22.0℃いう、この時期に。

0910_13sazanka1 9.10
最初の花は枯れ
0910_13sazanka2
次の花が咲きました。

0915_10sazanka1 9.15
左右に花があって、つぼみも見えています。
0915_10sazanka2
なんだかなぁ。やっぱり早すぎるでしょ、いくら今年の気温が変だからといって。

その後も、ぽつりぽつりと、数は少ないものの、ほぼ切れ目なく咲いています。

↓季節の花300
https://www.hana300.com/sazank.html

・開花時期は、10/10 ~ 翌 2/10頃。
・花の少ない晩秋から初冬にかけて咲き出す。長い間咲き、正月を過ぎても楽しめる。

↓童謡
「たきび」 巽聖歌作詞・渡辺茂作曲
2番と3番

かきねの かきねの まがりかど
たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」
きたかぜぴいぷう ふいている

さざんか さざんか さいたみち
たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」
しもやけ おててが もうかゆい

近年、道でたき火なんかできなくなりましたが、たき火で尻あぶりするのは気持ちよかったなぁ。
そういう季節の花ですよね、サザンカって。
サザンカは山茶花、サンザカというのがもともとだったとか。高校生くらいの時かなぁ、知った話。

★「たきび」=「焚火」で昔を思い出しました。
 1969年5月でしたか。東大全共闘と三島由紀夫の討論会。あれを主催したのが「焚祭(ふんさい)実行委員会」。
状況の閉塞感の中で「粉砕」に引っかけて、「ぶっこわしたい!」という意識でしたかね。
Hunsai
で、今回の映画の中で会場の映像があって、「焚」という字がかすかに見えましたが、あの字を書いたのが私。
古い話でしょ。
↓詳しくはココで。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-596149.html
2020年3月19日 (木) 焚 50年目の真実

状況の閉塞感の中で、何かド派手なことをしたいと、なんとなく知り合いが知り合いを呼んで集まって「焚祭実行委員会」と名乗っていたのです。「委員」でも何でもありません、ただの自発的な集団。ジャズのライブ演奏会なんかもやったっけ。で、三島由紀夫とやり合ったらすごいだろうな、と企画を練りました。

↓関連
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-fbe0.html
2009年12月22日 (火)「市ヶ谷駅」

« ニチニチソウ | トップページ | ムクゲ »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニチニチソウ | トップページ | ムクゲ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ