« アオスジアゲハ | トップページ | 思考の泡:「ワープ」「地球の中心を貫通する穴に落ちた物体の運動」 »

2021年10月18日 (月)

月と金星

↓こういう話がありました。
https://tenki.jp/forecaster/k_shiraishi/2021/10/09/14399.html
9日・10日 2日連続の天体ショー 月と金星が接近 その近くに赤い色のアンタレス
2021年10月09日13:52

きょう9日(土)とあす10日(日)、月と金星が接近します。夕方の日が暮れる頃から、天気の条件がよいと、南西の空に見られます。空が暗くなると、さそり座のアンタレスも見えてきます。

ところが、土日の夕方はTVの気象情報番組が少ない。
平日だと、気象・天文関係の面白いことがあると、ライブで映像を見せてくれたりするのですが。

で、10/11(月)の夕方
1011_13tuki1 18:29
Nスタ(TBS)の気象情報。ライブ画像です。月と金星が写っています。
1011_13tuki2 18:59
金星が写っているのかどうかわかりませんね。もう沈んじゃったのかな。
1011_13tuki3 17:43
妻が西の空を撮影。
まだ結構高い位置に月と金星があったそうです。
シャッターは1/20秒。よくぶれずに撮りました。腕が上がったな。
20211011_1900sora
国立天文台の「今日の星空」で19:00の画像を描いてもらいました。
金星はぎりぎりの位置にあったのですね。
というわけで、一番近い時ではなかったのでしょうが、月と金星を見ることができました。

★ところで。
一週間後の今日は10/18。いわゆる「十三夜」。
「栗名月」「豆名月」ともいうのだそうですね。
もし晴れましたら、栗など供えて月見をしてください。
月と、もしかしたら木星が見えるかも。金星はもう見えません。

« アオスジアゲハ | トップページ | 思考の泡:「ワープ」「地球の中心を貫通する穴に落ちた物体の運動」 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アオスジアゲハ | トップページ | 思考の泡:「ワープ」「地球の中心を貫通する穴に落ちた物体の運動」 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ