« アゲハ | トップページ | オジギソウ »

2021年10月29日 (金)

ホシホウジャク

ちょっと珍しいシーンです。
1005_2hosihoujaku1 2021.10.5
白いのはスイフヨウです。真っ白であるということは朝ですね。朝7時ちょっと過ぎ、妻の撮影。
ホシホウジャクがスイフヨウの花に関心を示している。
ホシホウジャクといえば、我が家ではホシホウジャクの好みのはホトトギスです。ランタナでもよく見ます。
1005_2hosihoujaku2
ちょっと潜り込んだそうです。

1010_6hosihoujaku 10.10
花の絶対量が減ってきましたか。ピンクへと変化したスイフヨウに入ろうかな、と思案中。
ホトトギスでもランタナでも、花の前でホバリングしながら口吻を伸ばして吸蜜するのが普通。
スイフヨウではそうはいかなかったのかな、潜り込むしかないですね。
少なくとも私共にとっては、ちょっと珍しい光景でした。

1007_8hosihoujaku 10.7
ホトトギスにて。

1015_9hosihoujaku110.15
ランタナで吸蜜。
みごとに体を空中に停止できるんですね。
1015_9hosihoujaku2
花を離れた瞬間だったのでしょうか、口吻がしまい込めていません。貴重な瞬間が撮れちゃった。嬉しいですね。
猫が舌をしまい忘れた顔というのはとんでもなくかわいいですが、ホシホウジャクの口のしまい忘れはいかがでしたでしょうか。

★朝日新聞に瀬戸内寂聴さんの連載エッセーがあります。

(寂聴 残された日々:76)2021年10月14日 5時00分
このエッセーの冒頭に「寂庵の庭に咲くホトトギス」という写真が載っていました。
ホトトギスの花の写真ではあるのですが、そこに、訪花して吸蜜するホシホウジャクが一緒に写っているのです。

↓文章は冒頭しか読めませんが、写真は見られるし拡大もできます。
https://www.asahi.com/articles/DA3S15075421.html?iref=pc_ss_date_article

私共としては「やっぱりホシホウジャクはホトトギスの花が好きなんだなぁ」という写真に見えますが。
多くの人は多分、花に来ている昆虫が何であるかはわからないのではないかな。
おそらく、とても「蛾」だとは思わない。蜂の一種かなぁ、くらいに感じるのではないでしょうか。
よかったらご覧ください。

« アゲハ | トップページ | オジギソウ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゲハ | トップページ | オジギソウ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ