« クロアゲハ | トップページ | 雨滴 »

2021年10月11日 (月)

虫に好かれるお爺さん

0915_4mitubati 2021.9.15
わたくし「花のようなお爺さん」になりました。
線路柵沿いに花を見、虫を探しながら歩いていたら、ミツバチがやってきて私の周りを飛び回る。ニホンミツバチでしょうか。
近くに巣があって、警戒行動なのかな、と思ったけれどそうでもないようで。1匹だけが私にまとわりつく。
手で払いのけると、攻撃されたと思って刺しに来るかもしれない。で息で吹き飛ばしていたのですが。
ついに私の左手にとまって、指の付け根のあたりを探るような動きをする。たまに皮膚をごく浅くかじってみるらしくて、チクっとするけど痛いほどではない。ダメでしょ、と吹きとばしながら歩いていたらそのうち去りましたが。
きっと私は花のようなお爺さんなんだ、と苦笑い。(どこが花なんだよ、オイ)
0915_15hitosijisimaka
蚊にも刺されてしまった。
ヒトスジシマカですね。これは叩き潰しましたが。
「五月蝿」は「うるさい」ですが、では
「九月蚊」は?
私独自の解釈で「しつこい」と読みたいと思います。いかがでしょう?

↓NHKの動画が素晴らしい。是非ご覧ください。針を刺す時に頭を振動させるというのはこの動画で知りました。
針の構造も詳しく説明しています。
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005100164_00000
ミクロワールド 蚊 吸血の秘密

↓注射針を刺すと痛いのに、蚊が刺しても痛くはない、後でかゆいけど。
なぜ痛くないのか。蚊の針に学んで痛くない注射針を開発した話です。
http://s-park.wao.ne.jp/archives/854
蚊が血を吸うメカニズムの解明から
世界で一番痛くない針の開発に挑戦

私自身は、注射が痛いのは当たり前なので、全くなんとも思わずに針が自分に刺さる様子を見て楽しんでますけどね。
{昔話:教員現役の時。健康診断で血液検査のため静脈から採血した。皮膚に針が刺さって、更に血管へ刺さった。ところがその時ちょっとしたミスで針が血管を突き抜けたように見える。で「針が突き抜けたみたいですね」と言ったら「すみません、そのようですね」と答えて、少し引いて血管内に針先を戻して採血無事終了。自分の腕に刺さる針を眺めて観察している人は珍しかったようですよ。}

0921_24mitubati 9.21
また来た!そんなにいい香りなのか?私は。

0922_10mitubati 9.22
指の間のくぼみに頭を突っ込んでいる。そこに蜜はないゾ。

0928_6awadatisougunbai 9.28
くすぐったいなぁ、と思って、よく見ればグンバイムシ。アワダチソウグンバイかな?
これは吹きとばしました。

0930_12miitubati 9.30
また来た。今回は時計の下に顔を突っ込んでみようと試みる。
なんだかなぁ。私って老いた人間だよねぇ。
ジジイバナという新種の花じゃないぜ。
{独り言:ハチでよかった。ハエだったら冗談じゃない。腐った爺さんまではいってないゼ)

« クロアゲハ | トップページ | 雨滴 »

動物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロアゲハ | トップページ | 雨滴 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ