« 御九日(おくんち) | トップページ | セグロアシナガバチ »

2021年9月 9日 (木)

鏡像

0813_1mirror 2021.8.13
コロナ流行の中、スーパーへ買い物に行くのを平日の開店直後にしています。
ここはオリンピックという大型スーパー。駐車場が非常にたっぷりとられていますので、いつでも安心して車で行けるお店。
10時ちょっと前に着いて、車内で開店を待っていて。
ふと気づいてしまいました。冒頭の写真です。
「お客様店内入口」というのが見えます。
ん?ナンデ?強烈な違和感。
映っているのは車のドアミラー、なのです。鏡に映った文字が左右の反転していない通常の正像として読めてるぞ、なんでだ?
考え悩みながらよくよく見たら、助手席の窓のガラスに映った文字がもう一回ドアミラーに写って目に入ったのでした。
2回の反射によって、鏡像の鏡像が見えたんですねぇ。こんな経験は初めてでした。

★鏡が2枚になると、面白いことが起きます。
「合わせ鏡」は有名。反射率が100%ではないので、像はだんだん暗くなってしまいますが、なんとなく「無限」の一部を垣間見たようで不思議な気分になりますよね。
↓ガラスのプロがやった実験が載っています。
https://kodama-glass.co.jp/kgpress/archives/38683

・・・
合わせ鏡として自分の姿を見た時に、反射率が90%ということはいつか見えなくなるということになりますが
・・・
 実際には光の量やミラーの距離等によっても色々と変わると思いますが、計算上では4往復目で50%以下となり、この時点ではまだそこそこ見えています。
 しかし7往復目=約25%程度以下になると、どんどん暗くなり12往復目の10%以下となると、ほぼ何かが分からなくなるくらい暗くなっているのがわかります。

★さて、冒頭の写真についての今回の話題では合わせ鏡ではなく、コーナーキューブに原理的に近い出来事になっています。
鏡を二枚、直角にセットすると、入射光と同じ方向に反射します。この性質が「再帰性」。
↓過去記事です。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-85df.html
2008年11月24日 (月) 交通標識

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-94ef.html
2008年11月24日 (月) 反射板

↓参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E6%B8%AC%E8%B7%9D%E5%AE%9F%E9%A8%93

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

鏡の反射では1回で反転像ができ、2回反射すると元に戻るという性質がありますね。
簡単にできて面白いのは、2枚の鏡を90度にして、自分の顔を写してみる、というやつ。三面鏡を使ってもできます。
真ん中に線が入ってしまいますが無視して。
あたかも本物の自分が向こう側にいるような感じになるのですね。右眼をウィンクすると、向こう側の自分も右眼をつぶるんですよ。1枚の鏡でやるのとは逆になりますので、かなりおもしろい。

で、今回は、再帰性ではないけれど、2回の反射で左右反転の消えた正像になった、という現象を見たのでした。
意外なところで面白い発見をしました。

★このスーパーでは以前、もう一つ面白い経験をしたことがあります。
売り場で、柱に鏡がはってありました。鏡をはると柱の存在感が薄れて、広く感じるという心理効果を狙ってのこと。
ふとみると、小さな幟風の広告が手前に立っていて、その幟の像が鏡に映っている。
ところが、広告の文字と同じ文字がそのまま鏡像でも読める。反転していない。
ん?ナンダ?になったんですね、ワタシ。
よく見たら、その幟は透明な素材に印刷してあった。で、幟の裏側が鏡に写ったために、反転が消えたという現象でした。
この出来事は、大分以前に記事にしたことがあります。

↓ここでは「F」という文字を材料にして話をしています。リンクも多数。どうぞ。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-37aa.html
2016年1月12日 (火) 鏡像

今回またトライしてみましたが、写真が難しい。
0905_3mirror 9.5
透明なシートに「鏡像」という文字を書いて手前に置き、それが奥の鏡に映った像を重ねて撮りましたが、大したことのない写真になりました。笑ってやってください、進歩のないやつだなぁ、と。

« 御九日(おくんち) | トップページ | セグロアシナガバチ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御九日(おくんち) | トップページ | セグロアシナガバチ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ