« ニチニチソウ | トップページ | ブルーサルビア »

2021年8月 4日 (水)

NHK・Eテレの「にほんごであそぼ」なのですが。出演者がかわいいし、見てますけど。
なんだか番組作りのポリシーがよくわからないところがあります。
幼い子、文字が読めるかどうかもわからないくらいの子から小学生でしょうね、視聴者は。
そのくらいの子が、これを見るの?という感じをよく受ける。
ネガティブな言葉だったり、どうやったってわかるはずのないものを名文のように紹介したり・・・かなり妙な気分。
意味も分からないままに覚えておいて、大きくなってから意味が納得できるようになる、ということが無駄ではない、と私だって思いますけどね。でも、ちゃんと厳選してほしいよな、と思うことがしばしば。

↓ここでは
0629_8mimi1 2021.6.29
ジャン・コクトーの一行詩「耳」
これはまあ、これでいいか。耳の形を貝にたとえたか、貝殻を耳に当てた時に聞こえてくるサーッというような音に海をイメージしたか。いろいろな話はありますね。
ただね、直後の画面の左端に、読み取っている時間もないほど
0629_8mimi2

 そしてまた、
  ざぶるうん、ざぶるうんと
 間を置いて海の鐃鉢が
   鳴らされます
      仏蘭西の海岸にて 与謝野晶子

こうくると、これはちょっと問題あり、じゃないのか。
コクトーの詩とセットなのかと思う人が出るのではありませんか?
晶子の詩としては有名じゃないしなぁ。
「鐃鉢」なんて知ってる人はどれだけいるのかな?

にょう‐ばち【鐃鈸】ネウ‥
(ニョウハチとも)日本の仏教で用いる金属製の体鳴楽器で、鐃(にょう)と鈸(はち)。また、特に鈸のこと。宗派によって「鐃鉢」とも書く。にょうはつ。
広辞苑第六版より引用

↓曹洞宗
https://www.soto-kinki.net/sp/butsuji/teramono12.php
鐃鈸(にょうはち)

仏を讃えるお寺のシンバル
 鐃鈸は、西洋楽器のシンバルに似ているが、音はそれよりも素朴で太い。紐を指の間に挟んで持ち、上下に擦り合わせるようにして音を出す。力まかせに打ち鳴らしても美しい音は出ない。特に音の余韻を生じさせるために、双方を微妙に触れ合うようにするが、ある程度熟練しないとうまく奏でることができない。
 また、上部の端をカチカチと軽く触れ合わせる鳴らし方もある。
 曹洞宗では、施食会などの特別な法要や葬儀で使用する。手鏧(しゅけい)(引鏧(いんきん))・太鼓とセットで鳴らすことが多く、これを「鼓鈸(鉢)(くはつ)」という。俗に「チン・ポン・ジャラン」などと表現される。
 仏さまの徳を讃えたり、諸仏書菩薩をお迎えするため、また亡き人の成仏のために鳴らされる。

私も老人ですからそれなりに多くの葬儀に関わりました。大部分は曹洞宗。ですから多分「にょうばち」というものを見たり聞いたりしたことはあるのでしょうが。実際のところよくわかりません。
こういう詩を幼い人が見る番組で出すことに一体どういう意味があるのか。

名文とかいって、太宰治の「申し上げます。旦那さま。あの人は、酷い」などというのを出したこともある。
そういうネガティブな言葉を聞かせるかよ。不愉快ですね。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/277_33098.html
駈込み訴え 太宰治

 申し上げます。申し上げます。旦那さま。あの人は、酷い。酷い。はい。厭な奴です。悪い人です。ああ。我慢ならない。生かして置けねえ。

「ブルータス お前もか」もあったな。「裏切り」ですよ。幼い人に聞かせたいですか?
番組のコンセプトを疑います。

「えいごであそぼ」の方はポジティブです。それでいいんだよ、というメッセージを発している。
「0655」もポジティブ、全肯定的。そしてストレートな視線を少しずらしたらどう見えるのかな、とも問いかけてくる。
子どもも喜ぶでしょうけれど、大人にも深く迫ってくるものがあります。ハイレベルです。

あ~あ。「にほんごであそぼ」を見続けようかどうしようか。あ~あ。

« ニチニチソウ | トップページ | ブルーサルビア »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニチニチソウ | トップページ | ブルーサルビア »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ