« ヤマトシジミ | トップページ | オンブバッタ:1 »

2021年7月21日 (水)

和菓子の日

0616_11wagasinohi1 2021.6.16
ひと月以上の遅れになりましたが、気象情報で見かけました。
「和菓子の日」知らなかった。
甘味を暑さ対策に、なのだそうです。
旧暦の六月ならば、新暦のほぼ七月でしょうから、暑くなってきますよね。
そうなのか。
0616_11wagasinohi2
画面右下にある
「国立国会図書館デジタルコレクション」
というのを覗いてみましたが、私には無縁のようです。
すごいコレクションです。
こういう方面に関わりのある方はこういうコレクションの存在を知っているんでしょうけどね。

実は私「甘味」が苦手。毎日、飴は舐めますけど。アンコがダメなんです。
子どもの頃からです。甘くておいしいからつい手を出す。饅頭、どら焼き、アンコロ餅・・・
必ず胃がダウンして、吐く。夕食が食べられなくなる。
若いころは和菓子はダメでも洋菓子ならよかったんですが、年取ってからはもうダメ。
消化器系がダウンする、という時、私は吐く、兄貴は下痢をする。兄弟で妙な違いだ、と母は笑ってましたが。

★そういえば「洋菓子の日」というのもあるんですよ。
https://zatsuneta.com/archives/109294.html
雑学ネタ帳

洋菓子の日(9月29日 記念日)

 三重県伊勢市に事務局を置き、業界の発展と交流、業界の若手技術者の育成などを目的に活動する三重県洋菓子協会が2002年(平成14年)に制定。
 日付は、フランスではサン・ミシェル(大天使ミカエル)が菓子職人の守護聖人となっており、その祝日が9月29日であることから。彼の名をとった「サン・ミシェル」と呼ばれるケーキはフランスで生まれた。また、日本では「サン・ミシェル」という名前の洋菓子店が複数みられる。

洋菓子と来れば紅茶ですね
「紅茶の日」もあります。
https://www.tea-a.gr.jp/knowledge/tea_day/
11月1日は紅茶の日です

 海難にあってロシアに漂着した日本人、伊勢の国(現在の三重県)の船主、大黒屋光太夫他2名は、ロシアに10年間滞在せざるを得なかった。
 帰国の許可を得るまでの辛苦の生活のなかで、ロシアの上流社会に普及しつつあったお茶会に招かれる幸運に恵まれた。とりわけ1791年の11月には女帝エカテリーナ2世にも接見の栄に浴し、茶会にも招かれたと考えられている。
 そこから、大黒屋光太夫が日本人として初めて外国での正式の茶会で紅茶を飲んだ最初の人として、この日が定められた。
 このことに基づいて、日本紅茶協会が1983年(昭和58年)に11月1日を「紅茶の日」と定めた。

 

« ヤマトシジミ | トップページ | オンブバッタ:1 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマトシジミ | トップページ | オンブバッタ:1 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ