« ムクドリ | トップページ | カラーの実 »

2021年7月29日 (木)

反芻

0623_12hansu1 2021.6.23
NHK・Eテレの0655でのクイズ。
この3つを見れば、答えはキリンしかないと思いますが。
あの長い首で反芻するのか、とちょっと迷いましたね。
0623_12hansu2
反芻胃の図解。
0623_12hansu3
で、答えはキリン。
webで「キリン 反芻」と検索してください。動画も見られますが、リンクしません。
長い首を口へ戻っていくのですけど、なかなかわかりにくかった。
首が長いのも大変ですね。
共生する微生物の助けで、セルロースを分解できるのです。私共がサラダを食べると、細胞内の栄養は摂取できるけど、セルロースは分解できない。で、まあ、整腸作用が期待されますかね。
セルロースが分解されればグルコース(ブドウ糖)ですので、栄養になるんですけどね。

↓簡単で明晰な解説。
https://kotobank.jp/word/%E5%8F%8D%E8%8A%BB-606667

百科事典マイペディア「反芻」の解説
反芻【はんすう】
一度胃内に飲みこんだ食物を再度口に吐き戻して咀嚼(そしゃく)の後,改めて嚥下(えんげ)・消化する摂食様式。ウシ,ヒツジ,シカ,キリン,マメジカ(反芻類)などが行う。本来の胃(葉胃およびしわ胃)の前に前胃(こぶ胃および網胃)が分化して,4室性の反芻胃を形づくる(マメジカ類では3室)。前胃の2室内に共生するセルロース分解性の微生物(繊毛虫や細菌)が行う予備消化の後,本来の胃内消化が行われる。なお,ラクダ類は反芻類ではないが,3室からなる複胃をもち反芻する。

↓反芻を英語で何というのかな、と調べたら

ruminate
►vt, vi 反芻する;思いめぐらす,沈思する〈about, of, on, over〉:A cow ruminates its food.
  rumination n 反芻;沈思,黙考.

[L;⇒RUMEN]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

ラテン語由来だそうです。
くれぐれも「r」を「l」の発音で発生しないように。意味が違いますので。日本人にはつらいところですね。

lumen
►n (pl -mi・na /-mənə/, ~s)
1 〔光〕 ルーメン《光束の単位;略 lm》.
2 〔解〕 《血管などの管状器官内の》管腔;〔植〕 《細胞壁で囲まれた》内腔;《中空の針・導尿管などの》内腔.
[L lumin- lumen light, opening]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

★独り言
日本語のラ行の音は英語だとむしろ「L」に近いんじゃないのかなぁ。舌の動きから考えて。ローマ字でラ行に「R」を宛てたのが間違いだったのではないだろうか、などと思う私です。
ドイツ語でもフランス語でもrの発音は日本人にはやたら難しい。

« ムクドリ | トップページ | カラーの実 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムクドリ | トップページ | カラーの実 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ