« たなばた に関連して いくつか | トップページ | ササグモ »

2021年7月 8日 (木)

毛むくじゃらのハナバチ:ニッポンヒゲナガハナバチか?

0602_11nipponhigenagahanabati1 2021.6.2
タチアオイに潜り込んでいるハチを見かけました。
0602_11nipponhigenagahanabati2
飛び出していくところ。体に花粉をつけて。
セイヨウミツバチではないですね。後脚の花粉かごが見えない。
ミツバチ科で毛むくじゃらなのはいないか、と検索していったら
ニッポンヒゲナガハナバチというのがいました。
オスは触角が長いけれど、メスはそう長くはないらしい。

0603_1hanabati 6.3
翌日はランタナでこういうハチを見ました。
初めのハチと同じかどうかもわかりませんが、毛むくじゃらではあります。

0605_5hanabati1 6.5
5日にもまたランタナで。
0605_5hanabati2
たまたまこんな写真も撮れました。いいお顔。
0605_5hanabati3
蜜を吸っています。

さて、3日、5日に見たのは、多分2日に見たのと同じ種類だろうということにして。
↓虫ナビのニッポンヒゲナガハナバチのページ
https://mushinavi.com/navi-insect/data-hati_higenagahana_nippon.htm

餌:花の蜜
  幼虫は親から与えられた花粉だんごを食べる。

触角が非常に長いハナバチ。
♀では触角は長くならない。
シロスジヒゲナガハナバチ(Eucera spurcatipes)と酷似し混同されていたが・・・

ニッポンヒゲナガハナバチとシロスジヒゲナガハナバチの見分け方も書いてあるのですが、翅脈のところでの見分けになっていて、とてもじゃないけど私の写真では見分けがつきません。

0607_14hanabati 6.7
これはどうなのかな。

0609_5hanabati6.9
今年はこんなハチをよく見かけることになりました。
でも、ちゃんとした名前まではわかりません。
ま、そんなところなんだというところでご容赦ください。

« たなばた に関連して いくつか | トップページ | ササグモ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たなばた に関連して いくつか | トップページ | ササグモ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ