« キべりクビボソハムシ | トップページ | 寺内タケシさんが亡くなられました »

2021年6月25日 (金)

アナレンマ

↓夏至の日の太陽高度などお話しました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-190116.html
2021年6月23日 (水) 太陽高度

ふと思い出したのですが、以前こんな写真をブログに載せていましたっけね。
Shadow
2019年の写真です。左から、3/2、 3/9、 4/6 です。
影が移動していきます。
で、↓こんな記事を書きました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-c330.html
2019年1月15日 (火) ホーム柵の影:アナレンマ

この記事の後もアナレンマに対する関心はありましたが、2019年冬からのCOVID-19のせいで、私はもう1年以上電車に乗っていません。継続した写真も撮れませんでした。
↓で、作製した図がこれ。2019年のいつ頃だったか、思い立って作ったものです。
2019analemma_
中央の真っすぐ立っているのが11:43の太陽の高度と方位。(夏至の日の南中時刻頃)
左が09:50の太陽の高度と方位(蒲田へ行くときの時刻です)
右は14:00のもの。
面白いでしょ。

駅のホームで見ていた変化は左の横倒しの8の字グラフの横軸の方位変化だったのです。
縦軸の高度変化も見るには、棒を地面に立てて、晴れた日の同じ時刻に棒のてっぺんの位置を地面に記録していくといい。
そうすると、この図の太陽が地面に描く図形が得られるはずです。根気が要りますね。なかなか難しいでしょう。
はて、棒の影を見るというのは日時計と同じですね。
「アナレンマ 日時計」で検索するといろいろ面白いことがヒットします。リンクしませんが興味がありましたらどうぞ。

参考に
↓暦wiki
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FA5A2A5CAA5ECA5F3A5DE.html
アナレンマ

毎日同じ時刻の太陽の位置をたどっていくと、8の字形の軌跡を描きます。
これをアナレンマ (Analemma) といいます。
季節により太陽の南中高度や南中時刻が変化することを反映するものです。

↓暦と天文の雑学
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0553.htm
太陽の描く曲線、アナレンマ

« キべりクビボソハムシ | トップページ | 寺内タケシさんが亡くなられました »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キべりクビボソハムシ | トップページ | 寺内タケシさんが亡くなられました »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ