« ニジュウヤホシテントウ交尾 | トップページ | ツマグロヒョウモン オス »

2021年6月22日 (火)

世界キリンの日

書き忘れていましたが、夏至の昨日は「世界キリンの日」だったのだそうです。知りませんでした。
6/21付の朝日新聞、天声人語にあったのです。

(天声人語)わがキリン愛
 ・・・
〈夏至の日はしづかにキリンを思ふべし絶滅に向かひ濡(ぬ)れるまつげの〉臼井均。昨年の夏、朝日歌壇に載った1首である。なぜ夏至の日にキリンなのか。調べてみると、一年で一番昼が長いことと、動物の中で首が一番長いことにちなみ、「世界キリンの日」が制定されていた▼きょうがその日である。アフリカの野生キリンはこの30年間で、4割も減った。内乱や密猟が主因で、保護活動が続けられている
・・・

検索したら、色々な動物園のHPに記述がありました。

広島市安佐動物園↓
http://www.asazoo.jp/animal/blog/mammals/post-426.php
夏至 は 世界キリンの日  2020/07/20

6月から7月って、過ぎてゆくのが早いですね。
夏至の日のお話しをしようと考えていたのに、気づいたらもう1ヶ月経過しておりました。
 
6月21日(日)は、一年で最も日中の時間が長い「夏至」でしたね。
そしてみなさんご存知のように、この夏至の日は「世界キリンの日」でもあります。
(ご存知なかった方は今覚えてくださいね。【「夏至」は「世界キリンの日」】!!)
 
キリンの保全活動を行なっている、「キリン保全財団(giraffe conservation fandation)」が、世界中の人にキリンのことをもっと知ってもらおうと、2014年に「世界キリンの日」を制定しました。
 
「一年で昼間の時間(南半球では夜の時間)が最長の日」に、「世界で背の高さが最長(高) のキリン」をお祝いしよう‼ということで、夏至の日に決まったそうです。
 
そんなわけで「世界キリンの日」やその前後には、日本だけでなく世界中のキリンを飼育している動物園でキリンにちなんだイベントが行われます。
(後略)

ひねくれ爺さんは思う。世界キリンの日は「人類の身勝手を思う日」でもあるのではないか、と。

 

« ニジュウヤホシテントウ交尾 | トップページ | ツマグロヒョウモン オス »

動物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニジュウヤホシテントウ交尾 | トップページ | ツマグロヒョウモン オス »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ