« ヒメマルカツオブシムシ | トップページ | ノーベル賞受賞者の逸話 »

2021年6月21日 (月)

今日は夏至ですね

夏至というのは、天文現象です。
2021年、太陽黄経が90度になるのは、6/21の12:32 です。
これは太陽中心が、黄道上の最も北の夏至点を通過する時刻です。
本当は秒単位で記述できます。
で、この夏至点通過を含む日が夏至です。
「梅雨の最中に『夏に至る』といわれてもなぁ、夏のピークはこれからなのに、旧暦はこれだからなぁ」
とは思わないでください。
夏至の頃、太陽からのエネルギー流入量は最大になります。でも、やかんに水を入れてガスを点火してもすぐお湯が沸くわけではありませんよね。エネルギー流入量のピークから1カ月ちょい遅れて気温のピークが来ます。温まりきるには時間がかかるのです。

↓暦wiki
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B5A8C0E12FC6F3BDBDBBCDC0E1B5A4A4C8A4CFA1A9.html

二十四節気は季節変化を表す指標=太陽暦の要素です。
太陰太陽暦では二十四節気を使って季節が大きくずれないように調整します。」

二十四節気は太陽暦なのです。

↓さて、去年も「夏至が近い」として同じ内容の記事を書いています。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-1be0d6.html
2020年6月11日 (木) 夏至が近い
(上の記事内のリンクは切れていますので、新たに同じ内容のページへのリンクを貼ります)

今年はエクセル上で日の入り時刻から日の出時刻を引いて日長を求め、それを画像として掲載します。
2021gesi_20210620150201  

6月22日の日長がちょっと変ですね。
↓なんで?
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FC3EBA4E4CCEBA4CEC4B9A4B5A4CEB5A8C0E1CAD1B2BD.html
昼や夜の長さの季節変化

絶対に夏至や冬至の日がピークになるかといえば、
・仮に夏至や冬至の瞬間が0時ちょうどだとすると、前後どちらの日が長い(短い)かきわどくなることは容易に想像がつくでしょう。
・確かに夏至や冬至を含まない日のほうが長く(短く)なることもないわけではないですが、その場合でも違いは秒未満であり、有意な差にはなりません。
・したがって、夏至や冬至がピークになるといっても差し支えないでしょう。
・なお、冬至や夏至ごろの日の出入り時刻は変化が小さいため、分単位で表した時刻で引き算すると、見かけ上冬至や夏至でない日が最も長く(短く)なってしまうということはよくあります。

そういうことなのですね。

↓ウェザーニュースの解説
https://weathernews.jp/s/topics/202006/180165/
日の出・日の入り時刻との関係

↓ここで日の出入りの時刻データを得ました。全国各地のデータもすぐ出せますよ。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/
各地のこよみ

↓暦wiki です。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FC6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4CEC4EAB5C1.html
日の出入りの定義

●太陽の上辺が視地平線 (または水平線) に一致する時刻を、日の出・日の入りの時刻と定義しています。
   ・つまり、太陽の姿が見え始める時刻が日の出、見えなくなる時刻が日の入りです。
   ・大気の影響により地平線 (または水平線) が浮き上がって見える効果=地平大気差を35′8″としています。
     (日の出入りの定義 図)
   ・日の出入りの方向に山・堤防・ビルなど障害物があっても考慮には入れません。
したがって、山影に入るから日の出が遅いとか、障害物がない方向に来る時だけ日の出が早いとか、といったことにはなりません。

定義の変遷 †
   ・日の出入りの定義は普遍的なものではありません。
現在でもフランスでは太陽の中心で定義しています。

(表 省略)

明治35年10月04日 明治35年文部省告示第165号 暦面記載ノ日出入時刻定メ方
東京帝国大学ニ於テ編纂スル暦面記載ノ 日出入時刻ハ従来太陽中心ノ地平線上ニ見ユル時刻ナリシ処明治三十六年暦ヨリハ太陽面最上点ノ地平線上ニ見ユル時刻ヲ以テ日出入時刻ト定ム

明治35年01月23日付の台長から総長への文書によれば、太陽中心で定義すると日光が存在するのに夜中となるため、上辺で定義したいというのが理由です。

↓春分、秋分について
https://www.nao.ac.jp/faq/a0303.html
質問3-3)春分の日・秋分の日には、昼と夜の長さは同じになるの?

« ヒメマルカツオブシムシ | トップページ | ノーベル賞受賞者の逸話 »

人事」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメマルカツオブシムシ | トップページ | ノーベル賞受賞者の逸話 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ