« キマダラカメムシ | トップページ | オスの三毛猫 »

2021年6月14日 (月)

ミケランジェラ

「猫めくり」に「ミケランジェラ」という名の猫が登場していました。隙間から顔を見せているので体色は詳細にはわかりませんが、多分、三毛猫だろうと想像。で、「ミケ」ちゃんから「ミケランジェラ」ちゃんになったかな、という想像です。
でも、ミケランジェロではなく、ミケランジェラとなっているのはなぜかな?
そうかミケランジェロは男性名詞で、ミケランジェラは女性名詞なのか。三毛はほとんどすべてがメスですので、それでミケランジェラになったのかな。飼い主さんはそのあたりのことをきっとご存知の方だろうな。
と、私の思考。

もうひとつ。そうか、日本語だと「ミケ ランジェロ」に感じるけど、きっと元々は「ミケル アンジェロ」なんだろう。そうか、大天使ミカエルなんだ。という思考も生じました。
これについてはすぐ解決↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD_(%E6%9B%96%E6%98%A7%E3%81%95%E5%9B%9E%E9%81%BF)

ミケランジェロ (Michelangelo)は、イタリア語で天使ミカエルを意味するミケーレ(Michele)から派生した名前で、天使を意味するアンジェロ (angelo) を併記したもの。

やっぱりね。
で、ミケランジェラを調べたら、意外なことが判明(私にとって意外だっただけなのだと思いますけど)。

「マンハッタナーズ オフィシャル オンライン ショップ」というサイトからの引用です↓
https://www.manhattaners-onlineshop.jp/html/page1.html

MANHATTANER’S
「マンハッタナーズ」は、NY在住の画家 久下貴史氏が猫たちからひらめきを得て描いた個性豊かであたかく、 品格の高い作品世界を商品において分かち合うことを目指すアート・ブランドです。

で、久下氏の愛猫に「ミケランジェラ」ちゃんがいたんですね。
ミケランジェラちゃんをデザインした「ミケランジェラ、闘牛場に再び」というバッグが販売されているようです。
こうなると、冒頭の私の想像は間違いかもしれない、多分そうだ。
ミケランジェラちゃんのバッグを知っていた飼い主さんが、自分の愛猫にもその名前を使ったのかもしれないな。

いやはや、ブランド商品などにはおよそ全く縁のない爺さんが無知だったということでしょう。

↓ミケランジェラちゃんの話も載っています。
https://www.manhattaners-onlineshop.jp/html/page3.html
久下猫一家(久下氏が語る愛猫たちの近況
{MICHELANGELA(1996-2010)}

★ところで別件。
「ミカエル」は
マイケル、ミヒャエル、ミシェル、ミケーレ、ミゲル、ミハエル
などなど、人の名前になっているんですよね。
日本人にはあまり馴染みのない話なんですけどね。

高校時代、PPM(ピーター・ポール&マリー)というグループの歌に痺れていたのですが。
その話をしていたら友人が「なんだ、ペテロとパウロとマリアじゃないか」と呟いた。
そうかぁ、そうだったんだ、とその友人の言葉に驚いたこともありましたっけ。
ヨハネからはジョンやヨハンが生じてるしなぁ。
欧米のキリスト教文化というものは奥深いものなのです。

« キマダラカメムシ | トップページ | オスの三毛猫 »

人事」カテゴリの記事

コメント

ネコちゃんのお話かと思ったら外国の方の名前の由来まで、いつも知らないことを教えて頂いて楽しいです。PPMの名前もそうなるとは驚きました。風に吹かれて、や虹と共に消えた恋、など懐かしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キマダラカメムシ | トップページ | オスの三毛猫 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ