« ブドウ | トップページ | 花粉を背負って:ニッポンヒゲナガハナバチかな »

2021年6月 7日 (月)

大きなミミズ

0425_9mimizu1
2021.4.25
路面に大きなミミズがいました。
10cmくらいのはよく見かけますが、これは30cmくらいもある。
ミミズの分類はよく知らないので、何という種かはわかりません。

↓コトバンクのミミズの項目。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA-139447
このページのかなり下の方に図があります。ミミズの体の構造を意識することは少ないと思いますので、この機会に一度どうぞ。

この日の前日は特に雨ではありませんでしたので、なぜ出てきたのかもわかりません。
よく雨の時にミミズが出てきますよね。
一般的な説明は以下のようなものです。

ミミズには呼吸器がない。濡れた体表面に接する空気から酸素が溶け込んで体内へ拡散することで呼吸している。
ところが、雨が降ってミミズのいる穴が水浸しになると、水中の酸素が拡散してくるだけでは酸素が不足する。
で、苦しくなって、外へ出てくるのだ。

と、こんな風です。でも、色んな説があるようですが、踏み込みません。

昔、高校生の頃、生物の授業でミミズの排泄器のことを学んだのがおもしろかった。
ある体節の排泄物を、隣りの体節から排泄するんですよね。なんでだろ?
今でも不思議ですけど。

↓いい図です。
https://www.art-kobo.co.jp/web_zuhan_kobo/html/products/detail/8355
ミミズの排出器官 ミミズ 腎管

« ブドウ | トップページ | 花粉を背負って:ニッポンヒゲナガハナバチかな »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブドウ | トップページ | 花粉を背負って:ニッポンヒゲナガハナバチかな »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ