« 八重ヤマブキ | トップページ | 「におい」の話:1 »

2021年4月19日 (月)

東京に空が無い

↓3月の記事です。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/post-549819.html
2021年3月10日 (水) 父よ

ここで、高村光太郎の詩集『道程』から引用しました。

   僕の前に道はない
   僕の後ろに道はできる
・・・
   僕を一人立ちにさせた廣大な父よ
   僕から目を離さないで守る事をせよ
   常に父の氣魄を僕に充たせよ

なんだよ、これは自立し自律する独りの人間が、自分で自分の道を切り開いていこうという決意・意志の表明、ではないのか。
「父というものから自立していない息子なんて、様にならないよな。そういう父子関係って、私、嫌悪してます。」
こんなことを書きました。

高村光太郎という人がどうも信用ならないな、と思ったのですが。
智恵子抄にもまた妙な詩があった。

智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
・・・

こう書き出す詩です。有名ですね。で、この詩の題名、ご存知ですか?
「あどけない話」
というのです。
結語は「あどけない空の話である。」と。
そんな風に聞いていたのですか、「ほんとの空が見たい」という言葉を。
無邪気だ、幼いと。
情けないやつだな光太郎君は。
妻の言葉を全力で受けとめていないようですね。
時代もありますが、家父長制の権化みたいな人だったのではないか。妻に対しても君臨していたのではないか?
なんだかね、情けなくってね。哀しくなってしまったのでした。

言葉というものを甘く見るなよな。

« 八重ヤマブキ | トップページ | 「におい」の話:1 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重ヤマブキ | トップページ | 「におい」の話:1 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ