« ナズナ | トップページ | レンギョウ »

2021年3月31日 (水)

ドクダミ

0312_6dokudami 2021.3.12
ふと気づいたら、足元にドクダミの葉が並んでいました。
線路柵のコンクリートと道路舗装の隙間なんです。
厳しい場所ですが、他の植物を圧しています。

ところで、生薬に使ったり、ドクダミ茶などにしたりする植物が、なんで「毒」というような名前を持っているのかな。
広辞苑を引いてナットク。

どく‐だみ【蕺草】
(毒を矯める・止める、の意。江戸時代中頃からの名称)ドクダミ科の多年草。雑草として各地に分布。茎は高さ15~35センチメートル。地下茎を延ばして広がる。葉は心臓形で悪臭をもつ。初夏、茎頂に、4枚の白色の苞ほうのある棒状の花序に淡黄色の小花を密生。全草を乾したものは生薬の十薬じゅうやくで、漢方で消炎・解毒剤などとして用い、葉は腫物に貼布して有効という。ドクダメ。菜しゅうさい。古名シブキ。夏。書言字考節用集「羊麻草、ドクダミ」
広辞苑第六版より引用

Dokudami
難しい字です。

東光院の方へ歩いていく途中に、八重のドクダミがあるんですけど。
あれもいいなぁ。

« ナズナ | トップページ | レンギョウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナズナ | トップページ | レンギョウ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ