« ツマグロオオヨコバイ | トップページ | アジサイ・フェアリーアイ »

2021年3月23日 (火)

トウガタイカ(透明なイカ)

↓ハフィントンポストの記事で見かけて、大喜び。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_60470db6c5b6af8f98bdee94
ハフポスト 2021年03月13日 13時00分 JST
あなたには見えますか?真の「透明なイカ」の姿が(動画)

ページを開くとメールマガジンの登録というのが出てきますが、閉じてしまって構いません。本文はちゃんと読めます。
「透明なイカ」です。面白いので是非ご覧ください。
ツイッターへの動画へのリンクが二つ、静止画像へのリンクが最後にありまして、ホントかよ、というイカです。
3
無色透明な体に、黒い点々がありますが、それはそれとして。
赤い矢印で指した先の丸い黒いもの、これが「眼」です。
0320_tougataika
飛び出した眼なのです。
↓イカの眼の構造図があって、わかりやすい。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56829?page=3
人間と同じレンズ眼なのですが、視細胞の向きが人間の場合と反転しています。
視細胞が眼球内へ向いているので「盲斑」が生じません。
人間では、視細胞の向きは外向きなので、神経を集めて眼球をぬけて外へ出ないといけないので、そこに光に感じない盲斑が生じてしまいます。

さて、昔、40代のころ、文系の3年生の「生活化学」という授業を構築しまして楽しみました。
「白・黒そして色」「洗剤・界面活性剤」「食品添加物」「農薬」「化粧品」など。
この「白・黒そして色」というところで、「無色透明」「有色透明」などの話もしましたね。
で、その「透明」の話の応用として
ある定期テストで。
   「完全な透明人間がいる。この透明人間の『視覚』について論ぜよ」
というのですが、いかがでしょう。自分の考えを述べてあれば、結論的には間違っていても△がつきます。10点満点なら6点かな。

私が用意した答えは
  「可視光に対して完全に無色透明な透明人間がいたら、その透明人間は可視光領域での視覚を持たない」
というものです。
ものを見る、ということは色素によって光を吸収し、そのエネルギーで色素分子が変形し、その変形が神経に興奮を引き起こし、それを脳に伝えるということなのです。
網膜で光が吸収されたら、網膜の後ろには光が来ませんから、外部から観察していると、網膜から光が来ない=網膜が黒く見える、はずなんです。
ということは、透明人間が可視光でものを見るとしたら、外部で可視光で透明人間を見る観察者には、眼だけが黒く見えるはずなのですね。空間に眼だけが浮いているように観察されるでしょう。

結論:完全な透明人間が可視光でものを見ているということはない。
のです。

当時は教材としては透明なエビ(カクレエビでしたか)の写真を使って、体がほとんど透明なのに、眼だけは黒々としている、という話を解説でやりましたっけね。

40代の頃の授業のごく一部です。
「トウガタイカ」のおかげで、記憶が生々しく蘇りました。
まさに「透明イカの眼は黒く見える」のですね。このイカは可視光でものを見ています。

« ツマグロオオヨコバイ | トップページ | アジサイ・フェアリーアイ »

動物」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツマグロオオヨコバイ | トップページ | アジサイ・フェアリーアイ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ