« 黄砂 | トップページ | 八重桜・南殿が開花しました »

2021年3月22日 (月)

幾多

小言爺さんの不満たらたら、です。読まなくても結構です。人の不機嫌は他の人には不快ですからね。

朝日新聞の記事なんです。東京都日野市の元副市長の疑惑の報道で。
3月14日の、紙の新聞の報道では「日野市元副市長 幾多の疑惑」という見出しだったのです。
これを読んで、どうも気分悪い。いえ、事件の方にではなく、見出しの言葉に。語感がね。

「幾多」っていうかよ。
「幾多の困難を乗り超えて」という表現はありますが。
似た言葉で「数多(あまた)」というのもありますね。「引く手数多」とかね。

どっちもこの場合不適切なのではないだろうか。
「数々の疑惑」とか「疑惑多数」とか「複数の疑惑」とか。
そういう表現の方がいいんじゃないかなぁ、と思ったわけです。

紙の新聞を読んだ後、自室に上がってPCで記事チェック。毎日の習慣です。そうしたら。
日野元副市長に疑惑が次々 高額報酬得つつ退任後も関与
こうなっていました。「次々」に明らかになってきたという表現なら、時間的な経過を感じますね。いい表現だ。

朝日新聞デジタルの過去記事をそのまま保存している場所では、紙の新聞と同じタイトルで入っていました。これは東京面という地方面の記事なのです。それを全国版で見られるようにしたときに、編集部というのか校正担当というのかが、きっと訂正したんですよ。なんだか語感が変だと。
ま、それでよかったけど。言葉を商売にするというのも大変なことですよね。教師もある意味で言葉商売。鍛えられたと思います。(政治家ももっと言葉を鍛えろよな、といいたい)。

« 黄砂 | トップページ | 八重桜・南殿が開花しました »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄砂 | トップページ | 八重桜・南殿が開花しました »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ