« サザンカ | トップページ | 特殊なガラス »

2021年2月 4日 (木)

ヒマラヤで飲むコーヒー

↓朝日新聞デジタルの記事から

(魂のサプリメント)林家彦いちさん、アウトドア用コーヒー道具 最大限のおいしさ、譲れぬ(2021年2月1日 16時30分)
・・・
 何せ、コーヒーは裏切らないですね。ヒマラヤに持っていったハンドプレッソ(エスプレッソマシン)があまりに重たくて、酸素の少ない中、何度も捨てようと思いました。だけど、氷河が広がる風景を見ながらのエスプレッソが温かかった! 正確に言うと、標高5千メートルだったので沸点が低くて、ちょっとぬるかったんですけど。
・・・

ちょっと気になって、調べてみました。
大雑把にいって、沸点は85℃くらいのようです。
低温抽出になって、苦味や渋味の少ないコーヒーになったんじゃないですか。
ぬるい、というのは確かにちょっと物足りないでしょうけどね。

余分なことを言いますが、5000mの標高の場所でお酒を飲んじゃだめですよ。
酸素が足りない。酒の酔いを醒ますには酸素が必要なんです。アルコール→アルデヒド→カルボン酸という一連の変化は酸素による酸化反応なんです。酸素が少ないと反応が遅くなり、アルデヒドによる強烈な二日酔いが長引くことになります。
山ではお酒は禁物です。

https://www.motohasi.net/GPS/AltitudeToPressure.php
標高(m)  気圧(hPa)  沸点(℃)  酸素濃度(%)
5,000   555      85      55

« サザンカ | トップページ | 特殊なガラス »

人事」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サザンカ | トップページ | 特殊なガラス »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ