« イチョウについて:追記 | トップページ | 英語の語彙が増えました »

2021年1月12日 (火)

なげる

↓朝日新聞の記事で読んだのですが。

大雪の秋田、自衛隊出動(朝日新聞デジタル 2021年1月7日 5時00分){太字}

こういう記事の中で、住民の方が
道路がふさがって、もう雪を投げる場所がない
と嘆かれたのだそうです。
TVでも雪掻きをよく見ますよね、確かに雪を「投げて」いる感じもありますが。
この話は秋田県横手市での話。ということは方言を考えた方がよくないか?
秋田の方では
「投げる」というのは、「捨てる」という意味なんですよ。
思うに「なげるとこも ねぐなった」というような表現じゃなかったのかなぁ。
「捨てる場所がなくなった」という意味です。(私、秋田弁のスピーカーではないので、間違ってたらゴメンナサイ。)
従妹が大学生になって東京へ来て、友人に「このゴミ、なげてけれ」といったら通じなかった。「なげる」ってどこでも通じるものだと思っていたのに、方言だったのね、と言って笑っていたのを思い出します。

妻とその話をしていて、関西では何と言うんだい?と訊いたら
「捨てる」は「ほうる」ね、と言っておりました。
いろんな表現があるんですね。

参考までに

な・げる【投げる】
他下一な・ぐ(下二)

①(手に持って)遠くへほうる。万葉集[8]「礫たぶてにも―・げ越しつべき天の川隔てればかもあまた術すべなき」。万葉集[13]「―・ぐる箭さの遠さかり居て」。源氏物語[東屋]「ただ荒らかなる東絹どもを、おしまろがして―・げ出でつ」。「ボールを―・げる」
②柔道・相撲などで、腕・腰の力で相手を倒す。
③身をほうり出す。また、飛びこんで自殺をはかる。源氏物語[蜻蛉]「俄かに消え失せにけるを、身―・げたるなめりとてこそ」。平家物語[10]「五体を地に―・げ、発露啼泣し給ひしかば」。天草本平家物語「昔から夫に後るるたぐひ多いと申せども…目の前に身を―・ぐることはありがたいためしぢや」。「椅子に背を―・げる」
④すべきことを途中でほうりだす。あきらめる。棄権する。「今度の試験は―・げた」「匙さじを―・げる」
⑤(取引用語)買方が相場下落を見越して、高値買付の株を争って安価で売る。
⑥物を捨てる。

ほう・る【放る・抛る】ハフル
他五(「はふる」の転)

①投げてやる。投げる。「ボールを―・る」
②すべき仕事に手をつけない。放置する。すておく。また、やっていることを中途でやめる。「試験を―・る」「―・っておくと手おくれになる」
③(西日本で)捨てる。
広辞苑第六版より引用

9日のNHKニュースで
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210109/k10012805631000.html?utm_int=news-saigai_contents_list-items_005

富山 鴨川が氾濫危険水位に(2021年1月9日 10時27分)
 富山県によりますと、魚津市を流れる鴨川は除雪後の雪が多く流れ込んだ影響で、午前9時半、川の水が堤防を超えてあふれ出すおそれがある「氾濫危険水位」を超えたということです。富山県は氾濫の危険性が高まっているとして厳重に警戒するよう呼びかけています。

用水路などに「なげた」雪が融けて液体になり、川に集まって「氾濫危険水位」を超えたのですね。
本当にもう「なげるところがねぐなって」しまったようです。

« イチョウについて:追記 | トップページ | 英語の語彙が増えました »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチョウについて:追記 | トップページ | 英語の語彙が増えました »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ