« 日の出の時刻 | トップページ | 気圧落差 »

2021年1月 5日 (火)

2020年12月の気温など(東京)

2020年全体を見る、といった方がいいかな。
2020_12_kion 気温
2019年~20年の冬では、最低気温が氷点下の「冬日」は2月にしかありませんでした。
それに比べると、2020年12月に3回の冬日がありましたので、「今冬」は寒くなるのかもしれません。
どうなっていくかはこれからを見てみないとわかりませんが。
元日の東京の最低気温は「-1.3℃」、3日は「-0.4℃」でしたので、去年よりは寒そうな予感もします。
2020_12_heinensa 平年差
11月の末が異様に高温でした。12月はまあ、平年値を挟んで推移といっていいかな。
全体で見ますと、やはり1,2,3月が高い。暖冬ですね。4月と7月後半がかなり平年を下回りました。
8,9月は高かった。猛暑です。8月の猛暑日は辛かったな。
2020_12_situdo 午後3時の湿度
赤い線は前7日間平均なのですが、40%を下回ることが少なかったですね。1年全体としては湿っぽい年だったと言えるのではないでしょうか。
暮れからかなり湿度の低い日が出るようになりました。2021年はどうなるのかな。

★気象庁からこんな「まとめ」が出ています。
http://www.jma.go.jp/jma/press/2012/22a/press_2020matome.html
2020年の天候と台風のまとめ(速報)   報道発表日 令和2年12月22日

概要
・日本の年平均気温は1898年の統計開始以降で最も高い値となる見込みです。
・台風の発生数は23個で少なく、日本に上陸した台風はありませんでしたが、台風第10号や第14号の接近により被害が発生しました。
・世界の年平均気温は1891年の統計開始以降で最も高い値となる見込みです。
{以下、略}

★NHKのニュース↓
台風 2020年は上陸1つもなし 予測や避難の難しさに課題も(NHK 2021年1月3日 7時16分)

 ・・・
 気象庁によりますと、去年発生した台風は23と平年の25.6を下回ったほか、接近した数も7つと平年の11.4を下回りました。
 また、上陸した台風は1つも無く、これは12年前の2008年以来となり、記録が残る昭和26年以降で、5回目だということです。 ・・・

ここで上陸した台風が無かったとなっていますが、上に引用した気象庁の資料によりますと
台風の上陸数の平年値は 2.7個だそうです。

気象現象が激しくなった、という気がしています。どうか穏やかな年であってほしい、と願います。

« 日の出の時刻 | トップページ | 気圧落差 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日の出の時刻 | トップページ | 気圧落差 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ