« 英語感覚について。いくつか | トップページ | 集中治療室で火事 »

2020年12月31日 (木)

英語感覚について。いくつか(また)

★アメリカの大統領選挙の開票が進む中で、混乱が起きました。

↓このページの写真に
https://eigostar.net/2020/11/06/count-every-vote-every-vote-counts-2020-presidential-election/

EVERY VOTE COUNTS
COUNT EVERY VOTE

こういう言葉があります。
1行目の「count」は自動詞ですね。主語「EVERY VOTE」は単数です。
2行目の「count」は他動詞で、命令形です。

count の自動詞形には

count
►vi
3 物の数にはいる,重きをなす,重要である〈with sb〉
・Every vote [minute] counts. 1 票[1 分]といえども大切である.
リーダーズ英和辞典第3版より引用

こんな意味もあるのだそうです。知らなかったな。
そして形容詞 every の意味の解説で

every
►a
1 a ことごとくの,一つ残らずの,あらゆる,いずれも皆 (each of all)
★単数構文をとるが,多くのものにつき個々にみてこれを総括するもので,従って all, each よりも強い.
リーダーズ英和辞典第3版より引用

「多くのものについて個々にみてこれを総括する」ということです。
every は、全体の中の一つ一つを見て、その総体としての「全部」なんですね。ですから、単数形になる。
all は複数のものをひとまとめにした「全体」なので複数形で使う。

Matter

この写真、まったく何気なしに見ていましたが、今回この記事を書いていて、わかったこと。
EVERY VOTE COUNTS EVERY VOTE
これ
EVERY VOTE COUNTS
COUNT EVERY VOTE
この二つの文を一つにまとめて、しかも、COUNT が二重の意味になっていて、色分けしてあるんですね。
なるほどなぁ。
いやはや、難しいものですね。いろいろ考えているうちに記事化するタイミングがずれましたが、私の中の混乱を吟味してみてください、

↓わかりやすいかも
https://www.fruitfulenglish.com/blog/erika-21/

↓参考
https://nativecamp.net/blog/20201001_all

« 英語感覚について。いくつか | トップページ | 集中治療室で火事 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語感覚について。いくつか | トップページ | 集中治療室で火事 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ