« マルバルコウ | トップページ | 花のようなお爺さん(人虫無害) »

2020年11月11日 (水)

イチモンジセセリ

1012_21itimonjiseseri 2020.10.12
この口吻を見てください。こんなに長かったっけ。
小型のチョウですが、かなり深いところの蜜も吸えますね、これなら。
口吻の先端部に触覚・味覚・嗅覚のような感覚センサーもあるはずですね。単なるストローではありません。
メスのチョウが産卵する時、その植物が幼虫の食草であることを確認するために、前脚で葉を叩いて微小な傷をつけて脚の先端部で「味見」をするのは有名です。
でも、やはり食物を摂るときも味見してますよね。

« マルバルコウ | トップページ | 花のようなお爺さん(人虫無害) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルバルコウ | トップページ | 花のようなお爺さん(人虫無害) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ