« ネコジャラシ | トップページ | 金床雲など »

2020年10月 7日 (水)

キアゲハ

0909_16kiageha2 2020.9.9
この状態を「前蛹」といいます。
幼虫の体のまま、腹端部を糸のマットに固定し、胸のあたりで糸を回して体全体を支えます。
そしてギュッと体を丸める。
0909_16kiageha3
これは蓋で水平に前蛹になったもの。
0909_16kiageha4
幼虫たちもまだいっぱい。

0911_6kiageha1 9.11
前蛹の状態で脱皮をして、蛹になったもの。
幼虫時代の表皮を最後にどうやって脱ぎ落すのか、難しいところです。
表皮が割れて落ちるか、腹端部で表皮をうまく「またぎこす」か。
どうやら「またぐ」らしいんですよ。
(ソックスを脱ぐときに、脚を床から完全には離さないで脱ぐ方法を考えてください。ソックスを切るか、踵を浮かせてソックスを前へ送り、今度は踵をつけて足先を浮かせる、しかないでしょ)
0911_6kiageha2
しばらくしたら羽化ラッシュが始まりそうですね。楽しみです。

↓過去記事。アオスジアゲハについて、ですけど。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_93e1.html
2007年6月26日 (火) アオスジアゲハの前蛹

平賀壮太さんの「蝶・サナギの謎」(トンボ出版)には、この微妙な瞬間の写真があります。尾端を抜き出して、幼虫の皮をまたぎ、糸の山に再度尾端を押しつけて、固定するのです。

« ネコジャラシ | トップページ | 金床雲など »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコジャラシ | トップページ | 金床雲など »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ