« センナリホオズキ | トップページ | ムラサキシラホシカメムシ »

2020年8月 4日 (火)

アサヒエビグモ

0623_16asahiebigumo1 2020.6.23
アロエで見かけたクモとその卵嚢。
このクモはアサヒエビグモだと思います。
普通、メスは腹部がもっと丸い感じなのですが、これは産卵して腹が細くなったのでしょう。
気になるのは、左の脚が後脚1本しか見えないこと。何かがあったのでしょう。脚を失いながらもその事態を脱出して産卵に至った、と想像します。
新海栄一 著「日本のクモ」によりますと
「卵嚢は葉上に作り親が乗って保護する」とあります。
乗ってはいないけれど、卵嚢を保護しているのです。
0623_16asahiebigumo2
アップにするとやはりそうですね、左の脚が3本ない。

0627_14asahiebigumo 6.27
まだ頑張っています。おそらく何も食べていない。命の限りを卵の保護に使うのでしょう。

0629_3asahiebigumo1 6.29
孵化しました。幼体が出てきた。
0629_3asahiebigumo2
小さくてかわいいのがいっぱい。
このうち、何匹が成体までいけるか。非常に低い割合だと思いますが、大きくなってね。
0629_3asahiebigumo3
一回りして戻ってきたら、子グモたちは大分散ったようでした。
この後、翌日だったかその次の日だったか、母グモの姿も見えなくなりました。
なんだか、ジンとしてしまう気分。
よく頑張ったね。偉いね。子らは巣立っていったよ。よかったね。

« センナリホオズキ | トップページ | ムラサキシラホシカメムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センナリホオズキ | トップページ | ムラサキシラホシカメムシ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ