« ミドリグンバイウンカ | トップページ | モンシロチョウ・キチョウ »

2020年8月11日 (火)

キョウチクトウ

0703_7kyoutikutou 2020.7.3
濃赤色のつぼみ。そろそろですね。

0707_9kyoutikutou 7.7
つぼみよりは淡いですが、きれいな赤い花。

0710w_4kyoutikutou 7.10
濃い緑の葉を背景に、鮮烈な花の群れ。夏の花です。
下の広島市のHPにありますように、「焦土にいち早く咲いた花」として市の花になりました。
でも他方で、この鮮烈な花が焦土の記憶を蘇らせる、として嫌う方もいらっしゃるとか。

人の心は一様ではない。みんな違う。それが「大きな流れ」の中で、みんな同じように心動かされるようなことがあったら、気をつけなければなりませんね。
「同調圧力」とか「感動の嵐」とか。
自分は今、流れに乗っているな、とか、自分は今、心を揺さぶられているな、と感じたら、ちょいとよそ向いて「外れて」みませんか。それは健全なことだと思います。

↓参考
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/138/7320.html

市の木(クスノキ)・市の花(キョウチクトウ)について
・・・
 昭和48年(1973年)9月29日に候補木としてクスノキ・タイサンボク・クロガネモチが、候補花としてフヨウ・カンナ・キョウチクトウがそれぞれ選定されました。
 昭和48年(1973年)10月3日の新聞6紙に応募用紙を折り込むとともに、市の各施設の窓口に応募用紙をおき、募集を開始しました。応募期間は昭和48年(1973年)10月3日から同月27日まででした。
 昭和48年(1973年)10月29日、得票数を集計し最多得票を得たクスノキ・キョウチクトウがそれぞれ「市の木」「市の花」として選ばれました。
・・・
 75年間草木も生えないといわれた焦土にいち早く咲いた花で、当時復興に懸命の努力をしていた市民に希望と力を与えてくれました。

 

« ミドリグンバイウンカ | トップページ | モンシロチョウ・キチョウ »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミドリグンバイウンカ | トップページ | モンシロチョウ・キチョウ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ