« ニジュウヤホシテントウ | トップページ | ブッドレア »

2020年7月30日 (木)

サキグロムシヒキ

0618_11magarikemusihiki 2020.6.18
このアブ、記事を書き始めるまで、マガリケムシヒキだとばかり思いこんでいました。
「曲毛」の部分はこの距離では私のカメラで写るわけもなく、シオヤアブではないムシヒキアブと言えばマガリケムシヒキだろうと頭から思い込んでいたのです。
記事を書くにあたって、念のためと検索して、驚き、マイッタ。

https://www.g-hopper.ne.jp/free/fukuda/photo_zukan/hae/pz_magarikemushihiki-01.htm
マガリケムシヒキ
「♂は特に前脚の附節まで黄色い。小昆虫を捕らえて体液を吸う。」

http://fukumitu.sakura.ne.jp/insect/MushihikiAbu.html
「肢の脛節は黄褐色をしています」

冒頭のムシヒキアブの脚を見てください。黄色くない!
いやはや。
似た種としてはヒサマツムシヒキとかシロズヒメムシヒキとかあるようですが。
サキグロムシヒキだろうと、自信はないけど、暫定的にそうします。

上の写真は私が見た個体ですが、この日、妻も同じようなアブを見て撮影しました。
以下がそれです。
0618_27magarikemusihiki1 1
2匹が重なっている。普通、昆虫が二匹重なっていれば交尾だと思うわけですが。
どうも雰囲気が違いますね。
0618_27magarikemusihiki2 2
上の個体が下の個体を捕獲したんじゃないか?
0618_27magarikemusihiki3 3
まず間違いないと思います。交尾じゃない。捕食です。
2 の写真をもう一回見てください。
この2匹、同種かな?
同種だとしたら、上の個体がオスで下につかまったのがメスになりそうですが。
それはないんじゃない?メスがオスを捕獲することはあるでしょうけど。
下になっている個体の頭部の下のあたりに「白い毛」が見えますよね。で、この下の個体の腹端部は白くない。
となると上の個体はサキグロムシヒキのオスで。下の個体はシオヤアブのメスかもしれない。
う~む、ややこしいことになった。

ちょっと、確定できません。

↓過去記事を見てみました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-663057.html
2020年6月 9日 (火) マガリケムシヒキ
(脛節から先が黄色いから多分正しい。毛も曲がってるし)

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-43d7.html
2018年5月18日 (金) マガリケムシヒキ
(多分正しい)

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-43d7.html
2017年5月24日 (水) マガリケムシヒキ
(正しい)

« ニジュウヤホシテントウ | トップページ | ブッドレア »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニジュウヤホシテントウ | トップページ | ブッドレア »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ