« ザクロ&ベゴニア | トップページ | 西之島の噴煙 »

2020年7月15日 (水)

環水平アーク

0626_27tv1 2020.6.26
テレビ朝日の気象情報で。
一瞬「彩雲かな」と思いましたが違いました。環水平アークです。
0626_27tv2
東京の上空で、たくさんの人が見たようです。
0626_27tv3
解説。雲が広がっている場合、水平に伸びて見えるはずなのですが。
0626_27tv4
上下の雲は高度が低くて、環水平アークを発生させるような雲ではない。
それらの雲の間から、高高度の飛行機雲が見えたのですね、それも出来たてのものではなく、広がりつつある飛行機雲。
で、その飛行機雲を構成する氷晶がこの間水平アークを生じさせた。で、飛行機雲の部分にしか発生せず「水平」に見えなかったのです。
0626_27tv5
私は見逃しました。TVで見られて幸いでした。

↓参考サイト。
https://weathernews.jp/s/topics/202006/260075/
東京上空に虹色の雲「環水平アーク」が出現中
2020/06/26 11:24 ウェザーニュース

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF

環水平アーク
環水平アーク(かんすいへいアーク、英語:circumhorizon arc、circumhorizontal arc)とは、大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるもの。水平弧、水平環 とも呼ばれる。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しない[1]

 

« ザクロ&ベゴニア | トップページ | 西之島の噴煙 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザクロ&ベゴニア | トップページ | 西之島の噴煙 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ