« カラー | トップページ | ヒメハナバチの仲間 »

2020年5月15日 (金)

アマビエ または アマビコ

「アマビエ」という妖怪が注目されているのだそうですね。私はあまりそういう方は関心がなかったのですが。

コロナ禍で注目「アマビエ」 熊本の妖怪ではなかった?(朝日新聞デジタル 2020年4月25日 10時00分)
 ・・・新型コロナウイルスの感染拡大は社会に大きな不安を与えている。そんな重い空気の中、ネット上である妖怪が注目を集めている。江戸時代末に出現し、「疫病が流行するので、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と告げたという「アマビエ」だ。
・・・
 アマビエは江戸時代の1846年、肥後の海に光る姿で出現し、調査に来た役人に「私は海に住むアマビエというものだが、これから6年間は豊作が続く。しかし疫病も流行するので、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言って去ったという。それを報じるかわら版(京都大学付属図書館所蔵)には、長髪に鳥のようなくちばし、うろこに覆われた胴、3本の足または尾びれ、という姿で描かれる。
・・・
 実は「アマビエ」という妖怪は、京大図書館蔵のかわら版にしか登場しない。一方、同様のお告げをした「アマビコ」という妖怪の出現を記録した古文書や新聞は多数残っており、妖怪研究家の湯本豪一・三次もののけミュージアム名誉館長による「アマビエはアマビコを誤写したもの」という説が現在は有力だ。湯本さんは「感染症の原因や予防法が分からなかった江戸時代には、疫病を防ぐには人知の及ばない力にすがるしかなかった。当時、こうした『予言獣』の絵は決してゆるキャラ的なものではなく、真剣な祈りの対象だった」と話す。
・・・

余録 
「アマビエ」という名の妖怪が出没している…(毎日新聞2020年4月20日 東京朝刊)
・・・妖怪研究家の湯本豪一(こういち)さんによれば、アマビエは妖怪というより人魚やカッパのような「幻獣」の一種。中でも予言を残す予言獣に分類されるという。アマビエの場合は豊作・凶作と疫病。
・・・
湯本さんにこの名の由来を聞くと「正しくはアマビエではなくアマビコ。瓦版の筆者が片仮名を写し間違ったのでは」という。なるほど、他の文献は「尼彦」「阿磨比古」などと表記しているものが多い。語源は天の声を意味する「天響(あまびこ)」というのが湯本説だ
・・・

★「瓦版の筆者が片仮名を写し間違ったのでは」という話のようです。
片仮名の「コ」を、「エ」あるいは「ヱ」に間違ったのかな。

瓦版というのは凸版ですよね。瓦の素材に字や絵を刻み込んだ凹版ではないでしょう。木版の凸版。
浮世絵なんかも凸版。

原稿の紙に書く時点で誤記したか。字を凸に刻むときにしくじったか。
わかりませんが、元は「アマビコ」だったそうです。
「尼彦」「阿磨比古」「天響(あまびこ)」からの転だそうです。

「彦」というのは「日子」で、男性になりますが、今話題になっているアマビエはあまり男っぽくないですね。そのかわいさがうけているのでしょう。

↓和菓子までできているようです。
http://www.seifuan.com/wp/
岡山和菓子の「清風庵」
2020年4月28日 「妖怪 アマビエ」 限定数量販売のお知らせ
2020年4月15日 終息祈願菓子 「妖怪 アマビエ」

↓厚生労働省もアマビエをキャラクターに使っているのですね。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012381431000.html

妖怪「アマビエ」を起用 若者に外出自粛呼びかけ 厚労省
2020年4月11日 3時45分

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため欠かせないのが若い人たちの協力です。厚生労働省は、疫病をおさめるとしてインターネット上で話題になっている妖怪「アマビエ」をSNSでの啓発キャラクターに起用して外出自粛への協力を呼びかけています。
・・・

ちょっと、なんだか、やりすぎな気もしますが・・・へそ曲がり爺さんには。

★彦が日子なら、姫は日女です。「子」というと男だというのは、現代的にはジェンダー差別のような気もしますが、古くからの日本語なので仕方ないか。

★「姫魚」というのもいるそうですよ。
↓会員でないと全文は読めませんが、図版は見られますので、どうぞ。
https://www.asahi.com/articles/ASN587G1DN4ZPTLC02K.html
アマビエのライバルか お告げの後消える予言獣「姫魚」(朝日新聞デジタル 2020年5月10日 9時00分)

★山彦は「山の男」です。「やっほ~」と声を出すと、山にいる男の神=山彦が「やっほ~」と返してくるんですね。
こだまは「木霊」。林の前で手を叩いたりすると、木の霊がみんなそれを返してくるので、こだまになる。
ということです。

私「崩彦」=案山子を名乗っているので、「尼彦」の話を読んで、ちょっと気になっています。
何をどう書くか、定まったらまた書きますね。

« カラー | トップページ | ヒメハナバチの仲間 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラー | トップページ | ヒメハナバチの仲間 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ