« 最高気温≒最低気温 | トップページ | 蛭子 »

2020年5月21日 (木)

崩彦

↓下の記事で「尼彦」のことを少し書きました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-f3d097.html
2020年5月15日 (金) アマビエ または アマビコ

「彦」につられて、崩彦のことを書きたくなりました。
私は崩彦などとも名乗っているのですが、これは古事記に由来する名前です。
以前「案山子庵雑記」というHPをやっていましたが、そこで「『くえびこ』ってなぁに?」という文章を書いたことがありますので、そこから一部をご紹介します。

***************************************
「くえびこ」ってなぁに?

 久延毘古(くえびこ)とも書きます。
 この「くえびこ」というのは古事記に出てくる「案山子の神様」のことです。私はポリオ後遺症によって、左足が不自由な身体障害者です、ということは「自己紹介」で書きました。そのことは当然私の人格形成にも影響を与えたわけで、高校時代から、自分の「一本足」になぞらえて「案山子(かかし)」というペンネームで雑文を書いたりしていました。
 大学の教養学部時代に、古事記の講読講座を取りました。最高に楽しい講義で、毎回最前列に席を取って、先生といろいろやりとりをしながら学びました。古事記の歌の元になっている風土記なども併せて読み、古代の日本人の生活のイメージを鮮明に描かせていただきました。童謡風の歌に、メロディーをつけて歌って聞かせて下さったり、素晴らしい講義だったのです。その講義で「くえびこ」という存在を知り、以来使っています。

★世界大百科から引用します

 久延毘古(くえびこ):《古事記》にみえる神の名。〈クエ〉は〈崩(く)ゆ〉の連体形で身体の崩れた男を指すと思われ,また案山子(かかし)のことである。大国主(おおくにぬし)神が出雲の御大(みほ)(美保)の岬にいたとき,海上から羅摩(かがみ)の船(ガガイモの船)に乗り,鵝(ひむし)の皮(蛾の皮)の衣服を着た神が近づいた。だれもその神の名を知らなかったが,谷ぐく(ヒキガエル)は〈クエビコなら知っていよう〉と答えた。クエビコに尋ねてみると〈これは神産巣日(かむむすび)神の御子,少名毘古那(すくなびこな)神(少彦名命)です〉という。そこで神産巣日神にいうと〈まことに私の指の間から漏れ落ちた子だ〉との返事を得た。少名毘古那神は,こののち大国主神と協力して国造りをし,やがて常世国(とこよのくに)へ渡る。少名毘古那神の素性を知らしめたクエビコは,〈山田の曾富騰(そほど)(濡れそぼつ人)〉すなわち歩行不能の案山子であるが,天下の事を知る神とされている。身体の不自由な者が〈異形(いぎよう)の人〉として,知恵者の化身と考えられていたことを示している。          西宮 一民
(C) 1998-2000 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

 古事記には「この神は、足は行かねども、盡に天の下の事を知れる神なり。(このかみは、あしはゆかねども、ことごとにあめのしたのことを、しれるかみなり」とありました。「異形のものは異能をもつ」という感覚が古代人にはあったようですね。「崩」はまさに体がバランスを失って「崩れている」ということでしょう。「彦」は「日子」で、「男性」です。「姫」は「日女」で「女性」です。ですから、「崩彦」は「崩れた男」でしょう、まさに身体障害者の象徴なのではないかな、と思っています。
 まさか私が「天下のことすべてを知っている」わけでもなし。「異能の男」というには平々凡々にすぎるのですが、脚が片一方不自由だ、ということになぞらえて、「くえびこ」=「崩れる男」が気に入っています。また、同じく教養学部時代に俳句のゼミを取っていました。その時の俳号が「崩彦」でした。
 朝日ジャーナルに論文を載せたことがあって、その時のペンネームが「和 崩彦」。これは「すべての人のこころが和(なご)み、和(な)ぎますように」というつもりで「なぎ くえびこ」です。
***************************************

というわけで、すごいでしょ「足は行かねども、盡に天の下の事を知れる神なり」とね。
Kuebiko
今はもうない明正高校で担任をしたときのクラス通信は題して「くえびこ」。
同僚の美術の先生がささっと描いてくれた絵です。
稲が稔ってますね。スズメも飛んでいる。ちょこちょこっと描いてこれだもんな、さすが美術の先生はすごい。
まさしく「某は案山子にて候雀殿 漱石」ですね。

さて、崩彦の話はこれでお終い。次は「蛭子」です。これも古事記から。

« 最高気温≒最低気温 | トップページ | 蛭子 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高気温≒最低気温 | トップページ | 蛭子 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ