« ネコハエトリ | トップページ | カラスノエンドウ »

2020年5月 1日 (金)

ツツジ

0404_11tutuji 2020.4.4
今年はかなり咲いてくれました。カエデの木の下で日当たりが悪いんでしょうね、ごめん。

0405_6tutuji3 4.5
上品なピンクです。

0406_9tutuji2 4.6
くらくらしてください。
こちらは小振りですが濃い色。陽当たりもいい。

0407_8tutuji 4.7
見応えがあります。すごいんです。

我が家ではこの2種類のツツジを楽しんでいます。品種名があるんでしょうが、よくわからないから「ツツジ」としておきます。この濃い赤の花はレンゲツツジかも。

★注意:ツツジ属の植物には有毒なものが多いので要注意です。蜜にも毒があることがあります。
花を摘んで蜜を吸ってみる、というようなことはしないでください。やりたくなるんだけれど。
↓ツツジの花の蜜で中毒が起こったことがあります。
https://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/rhododendron.html

ツツジ科植物の有毒性は古くから知られており、紀元前4世紀のギリシャの哲学者クセノフォンはその著書のなかで兵士たちが ツツジ属植物やハナヒリノキ(Leucothoe grayana)の蜜に由来する蜂蜜で中毒した様子を記録しています。最近でもトルコでツツジ属の花からとった蜂蜜を食べ、ヒトの中毒事故が起きているとの報告があります(8)。
・・・
中毒症状
 グラヤノトキシンは、はじめ迷走神経を刺激し、後でこれを麻痺させます。採食後数時間で発症し、嘔吐や泡沫性流涎を起こし、軽症では、沈衰、四肢開張、蹌踉、知覚過敏となります。また重症では、四肢の麻痺、起立不能、さらに間歇性の疝痛、腹部膨満、呼吸促迫、脈の細弱不整、そして全身麻痺に陥る場合もあります。ただし回復は早く、致命率は高くありません。

 

« ネコハエトリ | トップページ | カラスノエンドウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコハエトリ | トップページ | カラスノエンドウ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ