« アゲハ | トップページ | ハコベ・ハキダメギク »

2020年4月24日 (金)

コマツナ

0402_7komatuna_20200422154501
2020.4.2
小松川のアブラナですから、花はアブラナの花です。
将軍吉宗の時代の命名と言いますから、関東ではポピュラー。
食べずに花を見ていていいのかな。いいんです、美しいから。
この頃あまりシロチョウの仲間が来ませんが、どうしたのでしょうね。
0402_42komatuna2

これが花の中。典型的な「四長雄しべ」の姿です。
https://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/stamen.html

四長雄しべ (四強雄しべ、tetradynamous stamen) (図8左下)
6本の雄しべのうち、4本が他よりも長いもの。アブラナ科の特徴でもあり、外輪の2本が短く、花弁と対生する内輪の4本が長い。

0402_37habotan
ハボタンの真ん中。
咲き始めの頃は四長雄しべだったのですが、時を経て姿が変わったようです。みんなほぼ同じような長さになりました。
いろんな事が起こるんだな。おもしろい。

↓日本植物生理学会の「みんなのひろば」
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=3063
アブラナの雄しべの長さ

« アゲハ | トップページ | ハコベ・ハキダメギク »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゲハ | トップページ | ハコベ・ハキダメギク »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ