« シャボン玉 | トップページ | ツツジ »

2020年4月28日 (火)

ケルビン・ヘルムホルツ不安定性

森田さんの気象情報で。
0402_26kumo1
2020.4.2
不思議な形の雲ができています。

雲を愛する技術」荒木健太郎 著、光文社新書923 この本によりますと
フラクタス(Fluctus)と呼ばれる雲だそうです。
「ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の波状雲として親しまれている雲です」とありました。
「ケルビン・ヘルムホルツ不安定は、密度の異なる層が上下に接しており、各層の流体に速度差のあるときに生じる不安定です」とも。
0402_26kumo2

なるほどね。不安定ですので、短時間で消えます。見かけたらぜひ躊躇なく撮影してください。ラッキーです。
森田さんは参考として
0402_26kumo3

「強風によって波立つ水面」の写真を提示してくれました。
密度差が大きいので、雲のような形にはなっていませんが。

↓参考サイトをいくつか
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%84%E4%B8%8D%E5%AE%89%E5%AE%9A%E6%80%A7
ケルビン・ヘルムホルツ不安定性

https://tenkinoarekore.com/entry/2018/05/21/150515

https://www.wikiwand.com/ja/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E6%B3%A2_(%E6%B5%81%E4%BD%93%E5%8A%9B%E5%AD%A6)

↓こんな話もありました。
https://ameblo.jp/271828teru/entry-12499973717.html

葛飾北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浦波」の波もケルビン・ヘルムホルツ波を描いている。海上の風が強く吹くとこのような波が出来る

なるほど。そうだったのか。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hokusai040/
この絵自体はよく知っていますが、ケルビン・ヘルムホルツ不安定と関わっていたとは、気付かずにいました。
画家の「目」というものはものすごいものですね。

« シャボン玉 | トップページ | ツツジ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャボン玉 | トップページ | ツツジ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ