« ホトケノザ | トップページ | クロッカス »

2020年3月 3日 (火)

イチョウ落ち葉など

0213_20ityouotiba 2020.2.13
何の変哲もないイチョウの落ち葉を指でつまんでいますが。
この写真の意味は?
実は午前中に保育園児のお散歩が来まして、20~30分遊んでいったのです。幼い人の声が聞こえてくると浮き浮きする。
また、家の前はまず車は来ないし、走り回る距離としても手ごろなんだなぁ。で、保育士さんも安心して子どもを走らせておけるんですね。年齢が上がると、走り方が違う。両足が共に空中にあるという走り方ができて、なかなかのものなんですよ。
部屋からそっと眺めて楽しませてもらいます。高齢者夫婦には最高の喜びです。
で、もって。保育士さんが何かをつまんでいる。指先に「動き」が見える。何だろう?
と見ていたら、落ち葉をつまんで、親指と人さし指で軸をつまんで、くるくるっと回しているようなのです。
子どもたちは面白がって大喜び。なるほどなぁ、と感激しまして、昼の散歩時に、自分でもやってみたわけです。
この落ち葉を家に持って帰って、妻の目の前でくるくる回して見せたら、保育園児の大喜びは知っていますから、大笑いしながら楽しんでくれたのでした。

0218_8asobi1 2.18
この日も保育園のお散歩が来た。
何かの蔓です。これを発見した子は、これを持って大喜びで走り回りました。結構長かったので、自分で蔓を踏んづけて頃あないように、と思って見ていました。その実物です。保育士さんが短くしてくれたようでした。
0218_8asobi2
これは多分、チロリアンランプ。面白い花ですから、つまんでみたくなるのは当然。どんどん摘んでください。
通年で咲くようになってしまったので、いくら摘んでも大丈夫。
0218_8asobi3
見ていたら、なんだか動きがある。よく見たら、クロヤマアリがかじりついていました。蜜があったんでしょうね、多分。
保育園児のおかげで蜜にありつけたアリでした。
0218_8asobi4
チロリアンランプの花が散っていました。善哉善哉(よいかな、よいかな)。
花を摘み、草を摘み、アリさんやダンゴムシさんに感動し。
そういう体験が大事なんです。
大きく育ちなさい。

« ホトケノザ | トップページ | クロッカス »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホトケノザ | トップページ | クロッカス »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ