« パプリカ | トップページ | 花粉・初氷・初冬日(訂正あり) »

2020年2月 7日 (金)

ダイヤモンド富士

↓まずは新聞記事から。
朝日新聞の記事からです。

ダイヤモンド富士、曇り空で見られず(2020年02月05日)
 日の出や日の入りが、ちょうど富士山の山頂に重なる「ダイヤモンド富士」。4日、東京スカイツリー(墨田区)から見えるチャンスだったが、曇り空に邪魔されて見ることはできなかった。・・・ツリー西側の展望台からは、例年2月4日と11月7日の年2度、日没のダイヤモンド富士が観測できる。しかし、晴れ渡っていなければならず、ここ数年は、曇り空が続いている。

4日夜の夜7時前、TBSの「ホラン・森田のトクする天気」でも、東京スカイツリーのカメラでこのダイヤモンド富士を狙っていたのだそうです。うまくとらえられれば番組で流そうと。
ところが、流れた画像は、どんよりとした空。富士山は全く見えず。で、明日も狙います、とのこと。
0205_2diamondfuji 2020.2.5
ハイ。お見事。太陽の位置が富士山のてっぺんから少しずれましたが、ダイヤモンドの輝きは美しい。
この日の東京の日没は午後5時12分。地平線より高いところへ沈んでいくわけですから、それよりは少し早い時刻だったのかもしれませんね。
ま、とにかく、見られてよかった。
この番組、いろいろな画像が出てきますし、二人の会話の中で展開する気象情報が「ゆるい」のがまたいい。
NHKなんかのは、ぎっちぎちに詰め込んで話すから、かえって大事なところを聞き逃す。
立て板に水で、話し続けられると、結局、何を聴いたのかわからなくなるんですよ、情報量は多いんでしょうけれど。
「間(ま)」を大事にしなければ、心に伝わる話はできません。
人に話を伝えるという技を磨いてほしいですね。言葉を商売道具にしてるんだから。
教師もね、言葉が商売道具、ですから私も、それなりに言葉には敏感なのです。

« パプリカ | トップページ | 花粉・初氷・初冬日(訂正あり) »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パプリカ | トップページ | 花粉・初氷・初冬日(訂正あり) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ