« ムラサキツユクサ | トップページ | コギク »

2020年2月 5日 (水)

火山雷

0114_1kazanrai1 2020.1.14
下に引用したNHKのニュースにあるように、フィリピンのタール火山が噴火しました。
そのニュースで流れた動画の一部です。
火山雷の放電が「下から上へ」伸びていく様子です。
0114_1kazanrai2
明らかに下から上へ。
私は、火山雷には基本的に知識がありません、そういう現象があることを知っているだけです。
火山灰や砂、礫などが激しく衝突して電荷の分離が起こっているのでしょう。
「火山雷」で画像検索すると、ごく普通に上から下へとか、噴煙の内部での放電とかが見られます。
火山雷は下から上へ、というわけではないようです。

通常の積乱雲での雷でも雲の内部での放電もあります。また、雲の底面から地上へまず一本の放電が探るように降りてきて、地上に達すると、その経路をたどって地上から雲への放電が起こる、これが同じ放電路で何回か繰り返されます。ですから、下から上への放電もあることは知っていますが、今回のはちょっと感じが違う。
最初の放電が下から上へ向かっているように見えます。
これは珍しいことなのかどうか、専門家の話を聞きたかったけれど、いろいろなメディアの報道でそのことに触れたものはなかったように思います。メディアの科学レベルが問われるような気がします。

↓NHKニュースから

フィリピン さらなる噴火に警戒 1万人超の住民避難続く(2020年1月14日 7時19分)
 ・・・
 フィリピンの首都マニラの南、およそ60キロにあるルソン島のタール火山の火口付近で12日、水蒸気爆発とみられる大規模な噴火が起き、当局の観測では噴煙はおよそ1万5000メートルの高さに達しました。
 火口から南東に20キロほど離れた都市、リパで撮影された映像では、噴煙の周りに稲妻のようなせん光が走る様子が捉えられていて、ロイター通信は火山噴火では「火山雷」と呼ばれる稲光のような放電現象が起きることがあると伝えています。
 ・・・

↓動画が見られます。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36221053

« ムラサキツユクサ | トップページ | コギク »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムラサキツユクサ | トップページ | コギク »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ