« ホトケノザ | トップページ | 黄・緑の電車 »

2020年1月31日 (金)

ヤツデ・天狗の団扇

0106_13yatude
2020.1.6
影がきれいだったので撮りました。
9枚に分かれています。真ん中の一枚と、その両側に4枚ずつが対称的に。
奇数というのは対称性のよい数です。2で割り切れないから半端だと思う人もいますが、実は「真ん中」がちゃんとあるのです。今年は閏年ですから、366日あります。偶数ですので「真ん中の日」はありません。
1月1日~7月1日で183日。7月2日~12月31日で183日。
「真ん中の日」がないのですね。「1年の臍」がないよ~。(おめぇヘソねぇじゃねぇか。フルイなぁ)

★NHK・Eテレ「にほんごであそぼ」で
熊本県宇城市から「日本全国いいとこコンサート」というのがありました。その中で
「彦一のとんちばなし」の「天狗の隠れ蓑」をやっていたのですが・・・
0127_1tengu
1.27
ラッキィ池田さん扮する天狗が持っているうちわをご覧ください。8枚なんだなぁ。
下にリンクするWikiの記述がおかしい。
「天狗が持つとされるのは、あくまで天狗の羽で作られた団扇であり、ヤツデの葉を持っているわけではない。」
なるほど。8枚に分かれていてもいいのか、ヤツデを流用したわけじゃないからなぁ。

https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E7%8B%97%E3%81%AE%E5%9B%A3%E6%89%87-577835

天狗の団扇(テングノウチワ)
デジタル大辞泉の解説
1 天狗が持つという、ヤツデの葉の形をした大きなうちわ。
2 ヤツデのこと。てんぐのはうちわ。

https://www.u-gakugei.ac.jp/~planttgu/dokodemo/pc/085.htm

●ヤツデは日本原産の植物。大きくて裂けた葉をもち「てんぐのはうちわ」とも呼ばれています。「八つ手」というからには8つに裂けていそうなものですが、実際は7つか9つと奇数のものがほとんどです。天狗が持つのは「羽団扇」か「葉団扇」か。表記は2つあり前者の方が多いのですが、各地の天狗像や絵が持つ団扇の先は、奇しくも奇数に裂けているのです。

●鞍馬天狗で有名な鞍馬寺の天狗が持つ「はうちわ」は11個に裂けています。当然ながら鞍馬寺の寺紋の「はうちわ」や、お土産の降魔扇も11裂。そして、京都バスのマークの「はうちわ」も11裂。これに対し、下北沢で天狗道中を行う道了尊の「はうちわ」は9裂、その本山である小田原の大雄山最乗寺の「はうちわ」も9裂です。同じく筑波山の隣にある加波山神社の寺紋も9裂、鎌倉の建長寺の天狗の団扇も9裂。

ここまでくると、関西と関東で数が違いそうに思えるのですが、天狗で有名な高尾山には11裂と15裂の「はうちわ」がありました。しかも、境内で売っている「開運団扇」はなんと9裂。交通安全ステッカーでは7裂・・・これはデザイン上の問題ですね。でも、岐阜県美濃加茂市にある高さ12メートルの日本一大きな天狗像の団扇は7裂です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E7%8B%97

天狗の羽団扇

天狗の中でも、大天狗または力の強い天狗が持つとされる団扇。羽団扇自体が強力な通力を有すとされる。自身か、もしくは眷属の羽を献上させ羽団扇にすると言われる。羽団扇1本で、飛行、縮地、分身、変身、風雨、火炎、人心、折伏、等何でも自由自在だという。また、ただ持って座っているだけで妖魔退散の効果があり、時には武器と同じように悪獣悪鳥等に打ち付けて使うこともあるとされる。

この様に、様々な奇跡を起こすとされる団扇であるが、特に恐れられたのが天狗によっておこる火事であり、天狗の団扇は火を煽り火勢を強め、自在に操るために使われるものと信じられてきた。そのため、天狗を祀る神社では天狗が火事を起こさないように火伏の神として祀られていることがある。

天狗の羽団扇の羽の数は奇数で束ねられ、11枚とされるが、社寺によっては9枚、13枚などとされている所もある。

尚、天狗を祀る社寺の幕紋には団扇の形をしているものが多いが、そのほとんどは棕櫚の葉の紋であり、天狗の羽団扇とは関係がない。天狗の羽団扇と混同されがちなので注意が必要である。

また、余談ではあるが、ヤツデの葉にはテングノハウチワという別名が付いている。ヤツデの葉にも魔除けの効果があるとされる他、姿形など羽団扇と類似点が多いために、この様な別称が付けられたとみられている。 しかし、天狗が持つとされるのは、あくまで天狗の羽で作られた団扇であり、ヤツデの葉を持っているわけではない。

 

« ホトケノザ | トップページ | 黄・緑の電車 »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホトケノザ | トップページ | 黄・緑の電車 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ