« ウリハムシ | トップページ | 朝日の反射 »

2020年1月10日 (金)

ホソバヒイラギナンテン

1212_5hosobahiiraginanten 2019.12.12
なかなか可愛らしくて眺めていて楽しい花です。

1213_8hosobahiiraginanten 12.13
花の中がなんだか濡れているような感じがしますよね。

1215_12hosobahiiraginanten 12.15
で、指先で花の中を突っついてみました。すごくべとべと。蜜ですね。
ちょっとあまりにべとべとでしかたないので、舐めてみました。
甘かったです。蜜がたっぷりのようですが、12月も半ばじゃね、訪花する昆虫はいなさそうです。
この花、本来はもう少し早く昆虫のいる時期に咲くのでしょう。でないと、蜜が無駄になりますものね。
調べてみると、ミツバチやスズメバチがよく来るそうです。ちょっかい出さなければ刺されたりしませんが、一応、注意しながら観察してください。

注意!花の蜜をむやみに舐めるのはやめましょう。今回私はごく少量を舌先につけてみただけですから、大人の体重なら、もし有毒でもそうそうきつくはなかろう、と自覚して舐めてみました。(化学教師としての毒物に対する経験もありますので。)
でも、ツツジの花なんかいっぱい咲きますが、あの花の蜜を舐めてはいけません。有毒だそうです。ツツジの蜜を集めた蜂蜜もいけないそうです。中毒例もあるそうです。養蜂業者はツツジの花の時期を避けるそうですよ。

むやみと花を舐めてはいけません。

« ウリハムシ | トップページ | 朝日の反射 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウリハムシ | トップページ | 朝日の反射 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ